「忘れてしまう理由」と「忘れられる恐怖」

シェアする

恐怖,度肝を抜く
ドカンと一発

突拍子もない行動に出て私のド肝を抜いた人がいた。
その人は、私の苦手とする「距離」をいとも簡単に克服していた。

「距離」がネックで動けないでいる人というのはある一定存在するようで、このとき私と一緒に驚いた人が少なからずいた。
だから一時期、この驚愕の行動力についての話でもちきりであった。

一時期。

忘れられた人

とあるところから、件の人の近況がもれ聞こえてきた。
どうやら、今でも例の行動力で距離という概念を手玉に取っている様子。
距離を苦手とする私にしてみれば、いとも簡単に遠方へ出かけていくというのは憧れる行動力である。

「そういえばこの人、突拍子もない行動力を持ってるんだった

過去形なのである。
なんということであろうか、あんなにド肝を抜かされたはずなのに、憧れの行動力のはずなのに、その人の存在をすっかり忘れていたのである。

忘れてしまう理由

なぜ忘れていたのか。
それは、初回にド肝を抜かされてから以降、その人の姿を見なかったからである。
これは完全に、見ていなかったこちら側の問題なのであるが、見ていないというところがポイントなのだ。

あれからずっと、SNSの投稿を見るわけでもなく、ブログで発信があるわけでもなく、人の噂に上るわけでもなかった。
ましてリアルで会うわけでもない。
思い出したのは、あるところから近況がもれ聞こえたという、偶然だった。

そう。
姿を見かけなかったから忘れてしまっていたのである。

忘れられるという恐怖

そうか。
一発ド肝を抜くことをやってみせたってダメなのだ。
私はここにいるぞー!と大声を出してアピールし続けていなければ、忘れられてしまうのだ。
なんという恐怖。

一発ド肝を抜くことなんて、しょっちゅうやれるもんではない。
一瞬のラッキーに恵まれたとしても、あとは鳴かず飛ばずというのが一般人のパターンである。
だったら他の毎日は、ひたすら地道な営業をして回るしかない。

ヘタでも毎日1000本ノック。
質か量かのブログ論がときおり話題にのぼるが、私は量でいく。

ちなみに、

ド肝行動力の人は、今からいろんな発信を始めるはずである。
その準備のために動き回っている、んじゃないかなぁと私は解釈している。

シェアする

コメントを残す