【投資すべきか否か!?】子どもあるある!「これ買って~」の本気度合いを試す方法

シェアする

「欲しい!」、即「買って~」

子どもは欲望のかたまりだ。
大人のようなしがらみがないので、彼らの言動は常に素のまま・思うままである。

うっかり油断していると、彼らは大人の財力で欲望を満たそうとしてくる。
「これ買って~」
子どもあるある、だ。

投資するなら本気でかかれ

私は自分の食いぶちを自分で稼ぎ出し、あまつさえ自立していない人間を3人も養っている社会人である。
とはいえ財力には限度がある。
どうせ投資をするなら、必要な部分に投資したい。

キミの要求するそれは、今、本当に必要なものなのか?
正面から問いかけても、子どもはマトモに答えやしない。
「ほんとーーーに、いるぅ!」

さぁ、ここからがオトナのキャリアの見せどころだ。
この「ほんとーーー」は、どれくらい本気なのか?
そんなときにうってつけの「子どもの欲求の本気度を試す、すばらしい制度」があるので、さっそく今日から導入しようではないか。

補助金制度

子どもの欲求の本気度を測る、すばらしい制度とは補助金制度である。

補助金とは、

政府が直接的または間接的に公益上必要がある場合に、民間や下位の政府に対して交付する金銭的な給付のこと(Wikipediaより)

「政府」とはこの場合、保護者。「民間や下位の政府」というのが子ども。
「公益上必要がある」というのは、「教育上必要がある」と解釈してよかろう。

9割引きでどうだ!

子どもが「これ買って~」と言ってきたので、さっそくこの補助金制度を導入してみた。

今回の要望は、全国ナンチャラ大会の記念タオル。
ナンチャラ大会に選手として参加する代わりに、これを所有することでちょっとした一体感を味わえる記念タオル。
ふだん使っているタオルと違い、変形サイズのマフラータオルというのも、子どもの所有欲をくすぐるポイント。
1枚1,000円。
ちょっとおねだりすれば買ってもらえそうな価格だと、子どもは予測しているに違いない。

そこで母の提示した補助金制度は以下の通り。

補助金制度、導入。

補助金制度、導入。

「こども社会訓練補助事業
買物部門 マフラータオル購入補助金」
購入額の90%を補助します。

購入金額の90%を補助金でまかなうとしたら、本人が手出しする金額は100円。
1,000円のタオルが100円にプライスダウンするのだ。9割引きだ。
どうだ!

しかし子どもの反応は、「‥‥だったら、もういいわ」。

本気度も9割引き

これで本気度合いがハッキリした。
買ってもらえるんだったらぜひとも欲しいが、自分で手出しするぐらいならいらない。
つまり、そういうことだったのだ。

わが家にはもうひとつ補助金がある。
それは「娯楽部門 映画チケット補助金」。
映画チケット代の半額が補助される。5割引きだ。

この補助金はすでに何度も利用されていて、実績がある。
つまり、そういうことなのだ。

子どもに「これ買って~」と言われたら、補助金制度を導入してその本気度を見極めよう。

補助金は有効に使う会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

大分市高松1丁目9-16安松ビル1階 ☎097-585-5690

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す