【プロが試す】家につけてる火災警報機って、実際どうなの?

シェアする

20160606_075350
住宅用火災警報器についての雑な説明

いつの間にかつけなきゃなんない決まりになった、住宅用火災警報器(通称ジューケーキ)。
煙や熱を感知して、音で火災を知らせてくれる。
主に一戸建ての住宅向け。

ジューケーキは寝室につける。
ぐっすり眠っているときは火事に気づかないから。
煙は階段を通って上の階に行くので、「上で寝る」という家は階段にもつける。

鳴らしてみよう

さてこのジューケーキ、実際どういう感じで鳴るのか。
実際に作動させてみよう。

鳴らしてみるのは簡単。
ジューケーキには動作確認のためのテストボタンが用意されており、これを押して鳴らしてみることができる。
むしろ、メーカーは定期的な動作確認テストを推奨している。

警報音が高らかに鳴ったとて、しょせん自分ち。誰に怒られることもない。
消防車が来るわけでもない。
安心してバンバン試してみよう。

テストボタンを押して鳴らす。
もう一度押すと、止まる。

プロは本格的に試す

実は、ジューケーキのテストボタンで確認できるのは、あくまでも「音が鳴るかどうか」なのだ。
「煙や熱を正確に感知するかどうか」ではない。
よっしーは消防点検のプロなので、「煙や熱を正確に感知するかどうか」のほうが気になる。
さっそくやってみよう。

流れは以下の通り。
①ジューケーキに煙を当てる。
②「ビュィーッ、ビュィーッ」というスイーブ音が鳴る。続けて「火事です、火事です」という音声が流れる。
③警報停止ボタンで音を止める。

オレンジ色の筒先から、見えにくいけどホワ~っと煙が出ている。
実際には、煙を当ててしばらく待つ。警報が鳴り始めるまで1分近くかかる。
警報が鳴るのを確認して音を止める。

動画の終盤では、煙を感知したジューケーキに連動して、他の場所に取りつけたジューケーキが鳴っている。
この仕組みで他の部屋にも火災を知らせるというわけ。

このジューケーキはちゃんと働く。異常なし。

ちなみに

動画で煙を出しているのは、現役消防設備士が開発したという加煙試験器・楽ECO
実際の消防点検にも使っている器具なのだが、これが簡単で軽くてその名のとおりエコで、素晴らしくいいやつなのだ!
以前に使っていた器具は、重くてガチャガチャしてて消耗品もたんと出るというようなけしからんやつだったから、楽ECOにしてからの仕事の変わりように感激している。

この楽ECOについても熱く語りたいところだけど、長くなりそうなので今日はやめとく。

よい道具を選ぶ会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

大分市高松1丁目9-16安松ビル1階 097-585-5690 exit.dsk@gmail.com

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す