ビジネスメールがうまく書けないときの破れワザ

シェアする

仕事のメールがうまく書けずに2時間経過しました。

ピクト デスクワーク

わからないことを質問するために送るメールなんですが、「わからないことがわからない!」という状態なんですよ。
そもそも、メールなんぞでスマートにわからないことを箇条書きにできるぐらいだったら、その文言を検索バーにそのまま入力して自分でググって解決しますよ。

税務署から書類の詰まった封筒が届きまして、なにこれ?というのがそのいきさつなんですけどね。
「ハイ、これね」みたいに封筒ごと渡されても、これをどうこうしてくださいとかいう送付状もついてないんじゃなんの手がかりもありゃしない。

このまま時間を浪費するくらいなら、と思ってありのままをメールに書きました。
「税務署から○○○という表書きのある書類が届きました。」
そしたら折り返し電話がかかってきて、「その書類、今は不要ですよ」とあっさり返答いただきました。

ビジネスメールがうまく書けないときは、例文を検索するよりも、破れかぶれでもいいので素直に書いてとりあえず送る。
自分が今できる範囲でいいし、そもそもそれ以上のことはできんわ。

シェアする

コメントを残す