他人の目なんか気にしない!と言いつつ気になる「他人にどう見えているのか?」

シェアする

エネルギーアートというのがあるそうですよ。

エネルギーアートの作者は、かさこ塾で同期のボノさん。
相手から受けるイメージを描くんだそうです。
ボノさんに、私は一体どう見えているのか?というとこに、ものすごっく興味があったので描いてもらいました。
手慣れたもので、何本も色鉛筆を使い分けながら、その場でサッサーと描きますよ。

20160208_152751

ボノさんに言わせると、私は黄色のイメージがあるのだそうです。
黄色なんて、マイパレットの中には入っていなかった色ですけど、そう言われると明日からは黄色のことも考えてみようかと思いますね。

できあがったのはワタの絵ですよ、ワタ。綿花、コットン。
左半分には青色の雨が降っているんですが、ワタは、実がはじけたあとに雨に濡れるとよろしくない植物なので、雨は半分だけなんだそうです。
「あんまり与えられるものが多すぎるとダメになるイメージかなー」とボノさんは、絵の裏に「水はいらない」という言葉を書いてくれました。

与えられるばかりに物足りなさを感じて、守られている場所から飛び出したばかりの私にとっては、なかなか納得の出来事でした。

シェアする

コメントを残す