人災で大参事!映画「タワーリング・インフェルノ」で学ぶ、火災から命を守る方法

シェアする

20160711_073813

主演はスティーヴ・マックィーンとポール・ニューマン。

大分・別府タワーで大切に扱われる、じいちゃんの「強く押すボタン」
タワーリング・インフェルノ!?消火器2本にすべてがかかっている125mのタワー。

大分県別府の2大タワーを制覇したところで急に懐かしくなったこの映画、「タワーリングインフェルノ」。
1974年のパニック映画であるが、今まさに私が見るべき映画としか言いようがない。

サンフランシスコに竣工した138階建てのガラス張り超高層ビルが、手抜き工事のおかげで発生した火災のおかげで大参事、というのがこの映画のあらすじ。

パニック映画は人災だらけ

映画の大参事は、ほとんどの原因が人災である。
あのとき確認さえしていれば‥‥油断さえしなければ‥‥手抜きさえしなければ‥‥。
「タワーリング・インフェルノ」なんかまさにそう。
社長からして、「最新の防災設備を備えているんだから大丈夫だ」なんて言ってる。
どんだけスゴイ消防設備を設置しても、火事は起こる。

「タワーリング・インフェルノ」の火災の発端は、ちょっとした配線のショート。
警備室でその異常を感知したのにもかかわらず、警備員は「消防への緊急通報が効いてないぞ」とか言いながら計器のレバースイッチをカチカチしてみる。
一番に火元を確認せんか!

なんだかんだで手間取ってようやく関係者が火元にたどり着くのだが、火はすでに天井まで達している。
ここで屋内消火栓の登場。
消防ホースを引っ張り出して、「よーし、水を出せ!」。
いやもう初期消火とかいうレベルじゃないでしょ。さっさと逃げんか!

だからあのときすぐに火元を確認しとけばよかったのに。
そしたら消火器だけで消火できたかもしれないのに。
なんとも歯がゆい。

消防署にも責任がある

この大参事のすべての責任が、手抜き工事をした社長の娘婿にかぶせられてるストーリーなんだが、初期の段階でモタモタしていた警備もどうかと思う。
ここで初期消火ができていれば、300人を集めた落成パーティーも滞りなく開催されたし、海軍のヘリが出動することもなかったし、なにより200人もの命が消えることもなかった。

大参事の映画なので、随所に人災がちりばめられており、ホントーに歯がゆい。
消防訓練してない!防火ダンパーがない!防火戸がセメントで固められている!
消防署はなにやってんだ。使用開始の前に消防検査をしたはずなのに。
消防署は、こんなずさんな防火管理にOKを出したというのか。

そうやってツッコミながら映画を見るのは、実に楽しい。

タワーに住んでみませんか

映画のあとで、こんなマンションの広告を見る。

少なくとも今は住みたくない。

映画を見たあと、こんなマンションの広告を手に入れた。
53階建て、住居はふたつで1200戸のタワーマンション。
とてもじゃないけど、今は恐ろしくて住みたくない。

免震が売りのようだが、防火の件はどうなのか。
電気的な設備は最新のものがついているとしても、避難器具はなにがついているんだろ。
53階から1階ずつ、ベランダの避難はしごを伝って降りるのかなぁ。

イグジット、大分、よっしー

パニック映画が好きな会社。

よっしーFacebook
https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter
https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す