デザイン好きの人向け~放水口の表示が気になる

シェアする

放水口の中心

どうしても気になる、このバランス。

放水口

今日は放水口の話。

送水口の反対側にある、放水口。
ポンプ車から水を送るため、ビルの目立つところに存在する送水口と違って、水を送り出す放水口はビルの内部にある。
そのため、一般的には見かけるチャンスがない。

放水口は、たいてい壁に埋めこまれた収納箱に収められている。
3階より上には「放水口(消防隊専用)」と書かれた収納箱があるので、ちょっと気にしてみれば見つけられる。

中心線のズレ

この収納箱の表示が気になってしょうがない。
だって、収納箱全体の中心と、文字表示の中心がズレているんだもの。

放水口の中心線

赤く光る表示灯は、収納箱の中心に合わせてある。
だけど「放水口(消防隊専用)」という文字の中心は、収納箱の扉の平面部分に合わせてある。
だからこの両者の中心線がズレてしまうのだ。
キモチワルイッ!

ムリヤリ合わせてみる

「放水口(消防隊専用)」という文字の中心を、収納箱の中心に合わせることだってできる。
そうすると、こうなる。

放水口の中心を合わせる

あれ?表示の右側、余白がありすぎじゃね?

以上のような理由で、冒頭の写真にあるような微妙なバランスの扉が存在している。

放水口を直接鑑賞しようと思ったら、この扉を開けなくてはならない。
他人のビルの設備を、しかも明らかに「消防隊専用」と明記してある設備をいじってみるのは、やっぱりちょっとよろしくない。

放水口の鑑賞は難しいが、放水口の収納箱を鑑賞するという手もあり、これはこれでちょこっとだけオモシロイ。
どんなことでもやりようによってはオモシロくなるものである。

20160709_141446

この手の扉ならバランスよく納まる。

イグジット、大分、よっしー

放水口もブームにしたい会社。

よっしーFacebook
https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter
https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す