私に同業者はいない。

シェアする

マネされると困る。
アイディアを取られる。
お客が逃げてしまう。

それはイヤだ。
だったら次の新しいことを考えろ。

そのためには走り続けること。
常識を疑うこと。
妙なシバリを外すこと。
過去のやりかたにこだわらないこと。

周りを疑ったり、
相手のハラを探ったり、
ガードを固めたり、
悪口を言いふらしたり。

そんなピントのズレた努力をする力があるなら、新しいことを考えろ。
考え続けるだけでいい。

考えろ考えろ考えろ。
脳ミソを絞って考えろ。
1秒でも1センチでも先を行くために考えろ。

こないだやったやつではない、なにか。
昨日までやっていたあれではない、なにか。
消去法で過去を消しながら考えろ。
過去をすべて消しこんだあとに残るまっさらな場所に、新しいなにかを発生させろ。

そして、消しこみリストを公表せよ。
自分ひとりの脳ミソで考えるのには、すぐ限界がくる。
他人の脳ミソも使え。

私の消しこみリストを使って、他人の脳ミソが新しいアイディアを生むかもしれない。
その成果は誰のものか?
私のものではない。他人のものでもない。
うまく活用した人のものである。

似たようなことをやっている人を同業者として警戒するな。
自分が新しいものを発生させている限り、同業者などいない。

シェアする

コメントを残す