飛行機内で客室乗務員に呼び出しを受ける件

シェアする

それは、夫婦で東京行きの飛行機に乗っていたとき。
「あちらの窓から今ちょうど富士山が見えるんですが、見てみませんか?」
静岡の上空にさしかかったあたりで、客室乗務員に誘われた。

えっ、なにこの特別感!?
とかなんとか浮かれて客室乗務員についていったけど、われわれ夫婦だけが呼ばれたこのお誘いは、ひょっとしたら、「ちょっと気になる乗客を呼び出して素性を確認してみた」というやつなのではないだろうか。

黒い富士山。温暖化の影響で、山頂に雪が残らないのだとか。

黒い富士山。温暖化の影響で、山頂に雪が残らないのだとか。

飛行機に乗るなんて、年に1回あるかないかの暮らしをしている。
だから飛行機に乗るのが、オトナになった今でも嬉しい。
このチャンス、1秒たりともムダにはしない。
100%楽しみたいと本気で思う。

というわけで、機内で目につく物珍しいものはすべて写真を撮る。

非常のもの

右下にバッテリーマークがある。

プラス・マイナスのバッテリーマーク。

頭上にある、照明や空調のスイッチのそばにバッテリーマークがある。
主電源が落ちたときは、ここに内蔵されたバッテリーで照明がつくようになっているに違いない。
ってことはこれ、非常灯だ。

ナニコレ?という小さな疑問を、自分の持っている知識で解決できるのってなんてオモシロイんだろ。

禁煙場所の灰皿

先にトイレを使った夫が、トイレ内の表示にオモシロいものがあるというので、立て続けに私もトイレへ行ってみる。

トイレ内の禁煙マーク。

トイレ内の禁煙マーク。

禁煙マークの下にある灰皿。(え?)

禁煙マークの下にある灰皿。

この灰皿はどういう意図でつけられてるんだろ。
すぐ上に、キッパリとした言い方で禁煙を宣言しているのに。

トイレでこっそりタバコを吸った乗客が、禁煙の表示を見て慌ててタバコの始末をするため。
とかいうイマイチしっくりこない理由しか思いつかない。

ナニコレ?という小さな疑問が結局よくわかんなくて、自分でも「それはないな」と思うような解決法しか思いつかないのもまたオモシロイ。

座席ではない座席

誰も座らない謎の席。

絶対に誰も座らない、謎の席。

誰も座らない座席がひとつある。
座らないのではなく、座れない。
座面が、イヤガラセのように突き出ているので座れない。

「ここは座席ではありません」

「ここは座席ではありません」

ハッキリと「座席ではない」と書かれている座席。
この矛盾はさすがに自分では解決できず、かと言ってヘンな解釈を作り出すこともできないので客室乗務員に聞いてみた。

機材の事情でこういう座席ができてしまったけど、実際にお客さんが座るとなにかと不都合が生じる場所になってしまうため、販売しない席なのだそうだ。

7列目の、妙な記号がついている席がそれ。

7列目の、妙な記号がそれ。(JALホームページより)

この席だけが通路にせり出すので、ここに座ってると足を踏まれるんだそうだ。
機内サービスのワゴンもガンガンぶつかってきそうだ。

こういう、「知ってても知らなくてもどっちでもいいんだけど、知っていると人生にオモシロみが増す」というようなムダ知識を仕入れるのはオモシロイなぁ。
わからんことは聞くに限る。

呼び出されて尋問

というように、写真を撮ったりあれこれ聞いてみたり、立て続けにトイレに入ってみたりした。
それで、「ちょっと気をつけといたほうがいい乗客」ということになったんではないだろうか。

客室乗務員に誘われて行って、ほんの10センチくらいの小窓から富士山を見たあとは、
「機内関係のお仕事されてるんですか?」
にこやかな尋問である。

夫は素直に富士山を眺めていたが、私は足元にあった非常用グッズの収納箱をいじっていたのだ。
なにしろ消火器のピクトが気になってしまったので。
その行動、怪しいといえば怪しい。

そこでようやく事情を話して納得してもらい、ついでに非常用グッズについての話も聞くことができた。
事情を話せば先方にもわかってもらえ、快く見せてくれることの方が多い。

非常用のグッズを使うテストがしょっちゅうあり、それに合格しないと飛行機に乗れないという客室乗務員。カッコイイなぁ。

富士山より気になるピクトたち。

富士山より気になるピクトたち。

機体関係の仕事ではない会社

イグジット、大分、よっしー

よっしーFacebook
https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter
https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す