【あるものでなんとかする】小冊子の中綴じ製本を自分でやってみる

シェアする

セルフマガジンの印刷と製本は外注している。
小ロットの印刷物でもリーズナブルに作れるいい時代、このシステムを使わない手はない。

とはいえ、今回は納期がギリギリ。
本番のかさこ塾フェスタに間に合うかどうか、実はちょっとハラハラしている。
イザとなったら自分で印刷・製本してでも持って行かねばならぬ。品質が多少落ちようとも、やむを得ぬ。

自分で製本してみる

自分で小冊子を作るなんて、懐かしいなぁ。
昔はこうやって、工夫して小冊子を自作してたもんだ。
そうしてできあがった同人誌を、もらったこともあったなぁ。

セルフマガジン 製本 冊子

正しくページ送りされるように並べ替えて、両面印刷する。

まずは原稿の準備。
小冊子にしたときに正しい順番になっているようにする。ここんところに気をつかう。
両面印刷してみたら上下が逆、なんて設定ミスもよくあること。

セルフマガジン 製本 冊子

段ボールとフツーのホッチキス。結局シンプルが一番強い、ということか。

中綴じ製本用のホッチキスもあるけど、私はあるものでなんとかする主義なのでフツーのホッチキスを使う。

フツーのホッチキスで中綴じ製本をするには工夫がいる。
ホッチキスをガバッと開いて使うのだが、使うホッチキスはホントにフツーのものがよい。
おしゃれホッチキスとか高機能ホッチキスだと、肝心の「ガバッと開く」ができないことがある。
持っているホッチキスの中でふだんは一番使えないと思っていたフツーのやつが、ここでは一番優秀なホッチキスになるとは。

セルフマガジン 製本 冊子

表紙が見えるよう、ふたつに山折りする。

ここからが工夫

セルフマガジン 製本 冊子

背の部分からホチキスを刺す。

いよいよホッチキスの針を刺す。
山折にした背の部分に針を刺す。
使うのは、ホッチキスの「針を押し出す部分」だけ。

原稿の下にダンボールを敷いて、ホッチキスを押す。
針が紙とダンボールを貫通する。
コピー用紙10枚ぐらいまでならこの方法でいける。

セルフマガジン 製本 冊子

裏側に針が貫通している。

ダンボールをはずして原稿をひっくり返すと、裏側に針が出ている。
この針を爪で倒して留める。

これでできあがり。

いくつか作ったので、先行配布しよう。

いくつか作ったので、先行配布しよう。

あるものでなんとかする会社

イグジット、大分、よっしー

よっしーFacebook

https://www.facebook.com/yossiokka

よっしーTwitter

https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す