「なぜやるのか?目的はなんなのか?なにを得ようとしているのか?」は、あとから考える

シェアする

かさこ塾フェスタ大分中津

「楽しそう」以外に何があるというのだ。この1枚に。

背中を押したひと言

「よっしーも出なよ~」
このひと言が、かさこ塾フェスタに出展するきっかけだった。

大分中津でかさこ塾フェスタをやるぞという話が固まりかけたころ、中津でのミーティングに出席した。
大分市に住んでる私にしてみれば、久しぶりに中津の塾生に会えるってんで、同窓会気分の出席だった。
ホントに軽~い出席であった。

フェスタの会場を決めるため、出展者の人数がどれくらいになるのか・誰が出るのか、そんな話になったとき、冒頭のひと言が私に向けられた。

押し出し屋

ミーティングに集まっていたのは中津の主要メンバー。
もちろんこの人もいる。

オモシロ消防訓練屋,イグジット,井之上淳子

中津といえば、押し出し屋・井之上淳子氏。

そうだ、この人が言ったのだった。
いつものあの、間延びしたような言いかたで。
「よっしーも出なよ~」

タイミングを逃して内心クヨクヨしがちな人にうってつけの、井之上淳子氏。
ブログはこちら「~一歩踏み出すお手伝い~【悩める人の押し出し屋】

決めるのは軽いが、やるのは重い

出展するつもりなんかさらさらなかった私に、たったひと言で「なんかオモシロイかも」と思わせたひと言。
イベントに出展なんてしたこともない私なのに、その決断はすごく軽かった。(「速かった」じゃなくて「軽かった」である)

そのとき私は、こんなことをぼんやりと感じていた。
「なんとかなるだろ。だって淳子さんがこんなに軽く言うんだから」

ところが実際やってみると、とても軽くじゃすまないのだ。
やったことのある方ならすでにご存知の通りである。
プレッシャーと後悔と焦りと諦め、これの入り混じった数か月だった。

「淳子さ~ん、意外と大変だよ~!」と泣きごとを言ってみたこともあったのだが、場数を踏んでいるこの大先輩は動じない。
「最初はそんなもんだよねー」
サラッとそんなことを言うではないか。
いや、おっしゃるとおりではあるのだが。

とは言っても、やると決めるのは意外と簡単。
決めるのは軽くていい。むしろ軽いほうがいい。

「なんかオモシロそうだからやってみようかなー」と小声で控えめに考えている人は、脳が深く考え始める前にやり始めたほうがいい。
なぜやるのか?目的はなんなのか?なにを得ようとしているのか?とか考え始めたらやれなくなってしまう。
なぜやるのか?なんて、やりながら考えればいいじゃないか。

後先考えずにやるよっしー

イグジット、大分、よっしー

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す