自分を大切に扱うとどうなっていくか、という話

シェアする

昨日よりよくなっている今日、今日よりさらによくなるはずの明日を信じて、自分の気持ちの動きに素直に、自分を大切に扱って生きるようにしたら、ホントいつ死んでも悔いがないと思えるようになった。
ジワジワと死に近づいていく生活になっても、きっと私はその瞬間瞬間を精一杯オモシロく生きるに違いない。

では自分の次に大切な、夫についてはどうか?

夫が死んだ夢をみた。
死んでしまったのならしかたがないけど、こんなことならもちょっとアレコレしとけばよかったなぁと考えた。
なんと後悔をしているのであった。

後悔をするということはまだ力いっぱいやりきったという実感がないということじゃん。
こんなにスキスキなのに、意外な判定。
まだ好きになれるなんて、まだ大切にできるなんて、まだ充実させる余地があるなんて、これから先どんなによくなっていくのか・・メマイがしそうだ。バタンキュー。

自分を充分に満たしたから気づいたに違いない、この気持ち。
自分じゃない他の人を満たしたい!と思えるほど、自分で自分を満たせたことが、本当に嬉しい。

さーて、これからはアウトプットですよ。
20160212_121804-1

シェアする

コメントを残す