スポーツの秋!全米のジムで大人気のエクササイズ「バトルロープ」にチャレンジしてみないか?

シェアする

海外セレブのエクササイズ

バトルロープというものをご存じだろうか。

バトルロープとは、14~15m・9kgほどの、運動会の綱引きに使うようなロープのことで、このロープを使ってトレーニングをするのである。
検索してみると「全米のジムで人気」だとか「海外のセレブやアスリートが取り入れている」だとか、いかにもなキャッチコピーがついてくる。

さっそく参考資料を見ていただこう。→参考資料(YouTube
いやはや、こりゃすごい。
バトルロープがすごいのか、やってる人がすごいのか、わからんけど。

あのキャンペーン

さて、なんでまた急にバトルロープとか言い出したかというと。

水まいて冷やせ

あのときのチラシは、マッスルとは無関係のユルさ。

この夏、撤去してきた中古ホースがたくさんあったので「水まき用に使いたい人にあげますよ~」というキャンペーンをやった。
そのときに「トレーニングに使いたいから譲ってほしいのだが」という問い合わせがあったのだ。
そのトレーニングというのがバトルロープだったというわけ。
これで初めてバトルロープというものを知った。

キャンペーンのブログ→【無料でお譲りします!】水まき用の丈夫なホース20本

われわれも作ってみよう!

バトルロープは消防用ホースで手作りすることができるというので、先方から教えていただいた資料をもとに作ってみた。
→資料:Battle Ropes for under $10! – DIY Dudes(10ドル以下のバトルロープだぜ)

バトルロープを作ってみる

手元から後方の部分がどんどんねじれていく。

シンプルなトレーニングだけあって、その道具も簡単に作れる。
①金具の部分を切り取ったホースを2つ折りにして、ねじる。
②ねじったホースをテープで巻く。
以上である。

以上であるとか軽く言ったけど、ホースはそれなりに重量があるから作るだけでも充分トレーニングになるんじゃないかと思う。

1ドル以下のバトルロープだぜ

このロープをこう使う。

柱のようなところにロープをちょいとひっかければ、すぐにできる。
縦に打ちつけるだけじゃなく、回したり、振ったり、膝つき・うつ伏せなど姿勢を変えてのバリエーションもさまざま。
明日の筋肉痛が決定だけど、こりゃオモシロいわ。

バトルロープを作るワークショップとか、やりたくなるなぁ。

トレーニング用品もあつかう会社

イグジット、大分、よっしー

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す