棒を構えた女が玄関先にやってくる恐怖

シェアする

集合住宅に点検に行く

集合住宅では、住居ごとにいくつか点検する項目があるので全部の部屋に入らせてもらう。

現場には複数で行くが、住居にはひとりで入ることもある。
ピンポン押して部屋の人が出てくるまでの間は、やや緊張する。

だって恐いもん。
どんな人が出てくるかわからないもん。

前もって点検日の予告をする。
心がまえと準備をして待っている家もあるが、半分くらい「えっ、今日だっけ?」てな反応の家もある。
そもそも一般的に消防点検なんて、義務とはいえ、ちょっと小迷惑な行事である。
不機嫌な感じで出てくる人もいる。コワイよー。
・・とか言ってらんないけどね、実際は。

向こう側からすれば

だけど、おたがいさまなのだ。
どんな人が来るのか、向こうさまだってわからない。
どちらかと言うと、見知らぬ人が自分ちに上がりこんでくるというほうが気の毒である。

しかも相手は背丈くらいの棒をかついでやってくる。
天井の火災感知器を調べるので、試験器は伸縮自在の棒状なんである。
そしてこの棒は、熱感知器を点検するやつなので部分的に熱い。
十分、武器になる。

右の武器は、実際には持って行きません。

「ピンポーン!点検でーす!」(右の武器は、実際には持って行きません。)

熱い棒をかついだ見知らぬ人物が自分ちに上がりこんでくる。
そりゃ不機嫌にもなるわな。
むしろ、ドアのスコープからのぞいてみて、こんな出で立ちの私を見て、それでもドアを開けてくれるというのがありがたいとも思うのである。

危害は加えない会社

イグジット、大分、よっしー

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す