得か?損か?ガテン系の現場で女が仕事をするということ。

シェアする

大分イグジット オモシロ消防訓練屋 よっしー

避難はしごで階下に降りるときにマタのとこがスースーするなんてことはない、という強み。

消防点検に行くと「あれっ、女の人!?」と言われることがある。
作業服を着て現場で消防点検をする女は珍しいらしい。
まぁそうかもしれぬ。

女の人でよかった

同じ女の人から「女の人でよかったわぁ」と歓迎される。
珍しいってだけじゃなく、なんとなく安心なのらしい。
女ってトクだなぁ。

集合住宅や老人施設だと、男がドカドカ入ってくるのはちょっとやだなって思う人もいるみたい。
確かに、昼間とはいえ自分ひとりのときに、よその男が自分ちに上がりこんでくるのはちょっとやだ。

オジサンがたにも好評。
「おっ、女の人か。次のときにも来てね」なんて言われたりする。

女は頼りない

しかし、いつでも歓迎されるわけではない。
多少なりともガテン系の仕事であるから、「女なんかにできるの?」みたいなムードを感じるときもある。
女ってソンだなぁ。

力が足りなくてできなかったり、背が足りなくて届かなかったり、使い物にならない自分を歯がゆく思うこともある。
作業服の小さいサイズがないとか、工具が重いとか、トイレの配慮がまるでないとか、まったくやりにくい仕事だ。

ガテン女子

不便もあるが、男には絶対にできないことができるわけだから、そのブルーオーシャンでやっていこうじゃないか。
あえて女の人でチームを作って消防点検をしている会社だってある。
ニーズがあるってことだよね。

集合住宅と老人施設、そしてオジサンがた。
あと入院施設のある病院もいいよね。
受け入れられ、重宝されるところで活躍していけばいいわけだ。

男女比50:50の会社

イグジット、大分、よっしー

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す