「行ってもいいですか?」と許可を求めるのではなく、「行きます(仮)」と宣言する。

シェアする

大分イグジット オモシロ消防訓練屋 よっしー

旅程は自分で書き出さないと頭にしみこまないタイプ。

やります宣言

自分がなにかをするとき、夫に「してもいいですか?」って許可を求めたりはしない。
ただ「やります」という宣言とプレゼン。あとは調整だけ。

と言っても私ひとりでできることではないから、夫に協力をお願いする。
「こうしたい!」という私の希望を叶えるには夫の力添えが不可欠で、そのためには夫を同じ「こうしたい!」の気持ちに巻きこまねばならぬ。
「なぜそうしたいのか」を語らねばならぬ。
それから、なにをどうすればいいのかを夫と一緒に検討する。

立て続けに出かける

10月と11月、連続で遠出する。
ひとりで。

10月は、京都で開催されるかさこ塾フェスタへ。
11月は、名古屋で開催されるかさこ塾フェスタへ。

どちらも週末の外泊である。
だから家と仕事の両方を調整しなければならない。
当然、夫の協力がいる。

家の切り盛り、子ども×3のお世話、地区の行事・子どもの行事、週明けの仕事。
タイミングがいいのか悪いのか、今回は盛りだくさんの協力をお願いしなければならない。
それでもやっぱり、夫へは許可を求めるのではなく、「やります」という宣言をする。

お互いさま

私だけが好きなことをしているわけではない。
「やります」宣言、これはお互いさまのシステムなのだ。

夫がバカ高いセミナーに2泊3日で行くと言っています。賛成すべきでしょうか?
このときだって、「行きます」から話が始まった。
ふたりの話は、すべて「行くにはなにをどうすればいいのか?」に終始する。前にしか進まない。
そして夫はバカ高いセミナーに2泊3日で行った。

(仮)をお忘れなく

調整・検討にあたって大事なのは、仮決めの前提を忘れないこと。
どんなことでも「(仮)」をつけておくと気楽に検討できる。
ムリだってわかったら中止できる。

ところが、うっかり(仮)をつけ忘れると、完璧というプレッシャーに負けてしまう。
状況が変わったときに変更できなくなる。
新しいアイディアが浮かんだときに乗り換えることができなくなる。
だから(仮)は必須。

 立て続けに行く(仮)、かさこ塾フェスタ

好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ

【京都】2016年10月23日(日)
イベントホール洛央(京都府京都市下京区石不動之町695枡儀ラクーオビルB1)
【名古屋】2016年11月26日(土)
Space D (A Hall)(愛知県名古屋市中区新栄2-1-9雲竜FLEXビル西館5F)

今月は単月黒字を達成する(仮)会社

イグジット、大分、よっしー

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す