【ブログ考】自分の言葉が誰かをオモシロがらせるのだとしたら、そりゃ明日も書きたくなるはずだ。

大分イグジット オモシロ消防訓練屋 よっしー

なぜブログを書き続けているのか?

そりゃもう「好きだから」としか答えようがない。
自分の頭の中に漂っている考えを言葉に、文字にするのが好きなのだ。

なんとなく考えているあれこれを文字にしてみると、ぼんやりしていた考えの輪郭がハッキリしてくる。
結論が出る。そもそもの発端が見える。次へ発展する。
それがオモシロい。

考えをとりまとめる方法

思考を箇条書きでまとめるというやつ、あれはどうもイカン。
だからマインドマップはなかなかよかった。
ダラダラと描いて現れてきたものを見渡してみると、どのあたりをたくさん考えているか、どこがスカスカなのかがよくわかる。

箇条書きで表すのが好きじゃないので、私は頭を整理するのが苦手な性分なんだと思っていた。
あいまいにしておくのが好きなんだと思っていた。
でもそれは誤解だったみたい。
自分の考えをまとめるための自分の方法を、ちゃんと持ってたんだな。

大分イグジット オモシロ消防訓練屋 よっしー

マインドマップで思考をダダモレさせる。

読むこと・書くこと

読むのも書くのも、私にとってはごくノーマルなことなのだ。
子どものころからそうだった。

本棚がいくつもある家で育った。
遊びに来た友だちが本の多さに驚く。それが不思議だった。
本って、あたり前に家にあるものじゃないの?

図書館も好きだった。
期日通りの返却を守らないだらしない子だったが、毎日通って好きな本を何度も繰り返し読んだ。

中学のとき、担任が国語の教師だった。
毎日日記を書かせる先生だった。
そして毎日コメントをつけて返してくれていた。
クラスの全員が先生と交換日記をしていたんだ。すごいなコレ。

自分の書いたものに先生のレスポンスがある。
それがオモシロかった。
書く習慣がついてしまったので、それからずっと自分の考えをノートに書きまくっていた。
それがそのまま、今に至る。
たぶんここが原点。

自分の考えていることを文字にするのが好き。
それに反応がある。そこから広がる世界がある。それがオモシロい。

どこかの誰かがひとりでもオモシロいと思って読んでくれれば、私は書き続ける。
アクセス数がゼロにならない限り。

私とあなたの「オモシロい」のために、ブログを書いている。

ブログ運営は社員の判断にまかせている会社

イグジット、大分、よっしー

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください