よっしーとめぐる、京都センチメンタルジャーニー

シェアする

大分イグジット オモシロ消防訓練屋 よっしー

都のランドマーク、京都タワー。

歴史ある古都・京都を観光するとなったら、一般的にはどのあたりに行くんだろうか。
どんな写真を撮るんだろうか。

イベントに参加する機会があって京都へ行った。
京都でイベントだなんて、合間に観光ができる絶好のチャンス。

SNSを見ると、同じイベントのために全国から集まっていた仲間たちも、この機会に京都めぐりをした様子。
清水寺、竜安寺、鴨川べり。そしておいしい食べ物。
名所で撮影した記念写真が、次々とタイムラインにアップされる。

京の迷所・堀川丸太町

そんな仲間をよそに、私が行ったのはここ。

堀川丸太町交差点。

堀川丸太町交差点。

京都は、学生時代にお世話になった街なのだ。
平安時代への憧れが高じて移り住み、京都で暮らした数年間。
今日こそ学校に行かなきゃ、明日こそ登校しなきゃと、ズルズルとだらけた日々を送ったのが、まさにここ。

その場所に近づくにつれ、見覚えのある通り名が目に入ってくる。
このだらけた生活をどうにかしたいと思いつつも、抵抗もしないまま泥沼に沈んでいくような、あのころの感覚がよみがえってきてドキドキする。息苦しい。

せまる日暮れに秋の北風。
切ない過去に、あつらえたような舞台背景。

今だから見える風景

20年前に住んでいたアパートへ行った。
オートロックなので内部の様子はうかがいようがないが、通りに面したところにちゃんと送水口があった。
各ベランダは仕切り板で区切られ、端の部屋には避難器具が取り付けられている。

大分イグジット オモシロ消防訓練屋 よっしー

あのころは気づかなかったけど、この送水口に守られていたのだ。

うすら寒い風の吹き抜ける狭い路地を歩くと、よりいっそう切なくなる。
懐かしのものなどなにもない。
様変わりしたせいもあるが、細かいところをほとんど覚えていないのだ。
ひょっとして、忘れてしまいたかったんだろうか。

路地に並ぶ住宅の前には、水を張った消火バケツがおいてある。
収納箱に入った消火器が置いてある家も珍しくない。
道の狭い京都、歴史的町並みを残す京都ならではの、防火対策である。

思い出は消えていても、新しいものがたくさん見えるようになっていた。

防災意識を向上したい会社

イグジット、大分、よっしー

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す