インパクトのあるプロフィール写真でイメージ固めに成功したら、次はこれ!

シェアする

出会いのエントランスを飾るプロフィール写真。
第一印象を左右するプロフィール写真は重要である。

どんだけウマくてサービス最高のレストランだったとしても、暗くて薄汚れた入口のレストランでは入ってみようという気が失せる。
「人間は中身で勝負!」とか言ったって、人間は目からの情報が80%を占めているわけだから、ちっとは小ぎれいにしとかなければきっかけすらもつかめない。

SNSで発信し始めてから、ブログを書き始めてから、プロフィール写真の選定には最新の気を遣うべし!ということをさんざん聞かされている。
小ぎれいにしとくだけではなく、キャラが的確に伝わることも重要ポイント。

私の場合、ノリで作った「強く押すメガネ」が思いがけずウケたので、そのままプロフィール写真に使っている。
オモシロを愛するキャラと、消防設備を扱っている本業にも通じているので妥当であろう。
一発で覚えてもらえ、人さまの記憶回路にもしみこみやすいようだ。
インパクト作戦、大成功。

インパクトと引き換えに

しかし、インパクトがあるがゆえのデメリットもある。
それは「メガネをかけていないと誰だかわからない」ことである。

【重い!痛い!見えない!】よっしーが三重苦の「強く押すメガネ」をかける理由
ネット上で「強く押すメガネ」キャラが定着したころ、イベントの場でリアルで人と会うことがあった。
一応メガネは持参したけども、その場でかける勇気はまだなかった。
要請されたらかけようかな、ぐらいのもんだ。

そうしたら、なんということだ。
メガネなしで会場に入ってみると、「‥‥どなたですか?」という反応だったのだ。

すでにかなり露出してると思ってたんだが、意外と見られていなかったのだ。
これはイカン。
という焦りから、その日は一日中「強く押すメガネ」で過ごした。
きつかった。重い!痛い!見えない!の三重苦であった。

プロフィール写真がうまくいってる人

プロフィール写真でイメージ固めに成功している人は、今度は別の顔も見せていこう。

プロフィール写真で、いつもパッカーンと笑った顔をみんなに見せている人は、通常モードの顔を、しんみりしている顔を、ヘン顔を、見せていこう。
だってプロフィール写真の顔だけが自分の顔のわけないじゃん。

大分イグジット オモシロ消防訓練屋 よっしー

いろんな顔をするわけです。

いろんな顔を見せていれば、リアルで会ったときにスンナリわかってもらえる。
「メガネがないとわからない」だの「意外と老けてる」だの「‥‥‥」だの、会う人がギャップに戸惑わなくてすむ。

とはいえ、「思ったより小さい」と言われてしまうのはやむを得ないか。

(撮影:カメライター・かさこ氏)

完全オフのよっしー(撮影:カメライター・かさこ氏)

顔出しOKの会社

イグジット、大分、よっしー

シェアする

コメントを残す