怪奇現象!ホワイトボードの踊る文字

シェアする

理系の父とムスメによるふれあいの痕跡。

理系の父とムスメによるふれあいの痕跡。

怪奇現象

わが家で頻発する怪奇現象。
それは、さっき書いたホワイトボードの文字が、ちょっと目を離したすきに乱舞するというもの。

ダイニングの窓を利用したわが家のホワイトボード。
非常に便利なので、伝言、覚え書、家族会議の議事録、ムスメ商店の出納など、実に様々な用途に利用されている。

ところがここに書かれるあらゆるものが、勝手にその位置を変えてしまうことがあるのだ。
もちろん、誰かが書き直しているわけではない。
じっと見守っているときはなんともないのに、油断してちょっと目を離すとその間に書いたものが移動している。

判別不能なまでに乱舞する文字列。

判別不能なまでに乱舞する文字列。

ヒント:冬場に頻発

この怪奇現象が頻発するのは寒い時期。
外と室内との温度差により、窓が結露する。
窓ガラスに張っているホワイトボードも、もちろん結露する。

ホワイトボードが結露してしまうと、ホワイトボードマーカーのインクがにじんでしまって書くことができない。
ここらへんがヒント。

踊る文字のしくみ

ホワイトボードマーカーのインクには、剥離剤が含まれている。
剥離剤は、インクをはがしやすくするためのもの。
これのおかげでホワイトボードに書いたものがサッサーッと消せるのだ。

剥離剤は、結露したホワイトボードの水分に溶ける。
その結果、油性のインク部分だけが水に浮かぶことになる。
水に浮かんだインク部分が漂う。
こうして、書いたものが移動するわけ。

経験で学ぶ

最初のころは文字が躍る理由が分からず、不思議でしょうがなかった。
こっちはオトナなので「なんか理由があるに違いない」と思ってるが、コドモは完全に怪奇現象だと思いこんで恐怖におびえていた。

ネットで調べてみてもイマイチよくわからない。
ホワイトボードを頻用している人に聞いても経験がないと言う。
そもそも、ホワイトボードを窓に貼って使っている例が見当たらない。
結露しないと起こらない現象なのだから、わからないのが当然だ。

そのうちコドモが、ホワイトボードマーカーで水に文字を浮かべるという科学実験的なものを見つけてきた。
それでようやくナールホドと納得したのであった。

もうコドモが恐怖におびえることはない。
しかしあいかわらず冬場は文字が踊るわけで、その動き具合を楽しんではいるが、使いにくいことこの上ない。

壁中をホワイトボードにしたい会社

イグジット、大分、よっしー

シェアする

コメントを残す