誉められたいオトナへご紹介する、よっしー厳選の2大ホメキング

シェアする

オトナになってから誉められることが少なくなったように思います。
コドモは誉めて育てよ!というけど、オトナの私だって誉められたい。
誉められたいオトナのかたへ、私の賞賛するホメキングを2名ご紹介します。
2016-02-23 13.58.16
まずはやすひさてっぺい氏。
このかたは唐揚げ好きが高じて日本唐揚協会というものを設立してしまった、いわゆる「アタマおかしい人」です。
唐揚げ以外の分野でも「アタマおかしい」ぶりを発揮しておられ、質問力・突詰力を高めるためのつきつめPGというゲームを作り上げています。質問力とか突詰力とかいうと小難しそうだけど、初対面の人にも心を開くことができて、一発で親しくなってしまう平和的なゲームです。このゲームの中に誉める場面が設けられているのです。
誉めるポイントはやすひさ氏いわく、「自分と違うところ」なんだそうです。要するに個性を認めるということですね。「例えばですね・・」とやすひさ氏に誉められましたが、例文であるにもかかわらずニヤニヤと嬉しくなるのです。不思議。

もうひとりはかさこ氏。
このかた、辛口コメントやぶった切りブログの調子からは想像しにくいですが、実際は意外と地味で温厚です。口調はまるでふかわりょうです。
話しているとさりげなく誉めてきます。「それ、いいですよね!」のあとにさりげなくアドバイスを入れてくるもんだから、素直に受け入れてしまいます。このかたも相手の個性を認めていますね。

この2名のホメキングのおかげで、①素直にコドモを誉めることができるようになり、コドモとつきあいやすくなりました。そして、②自分のことを大切にすることができるようになりました。

シェアする

コメントを残す