コドモのおみやげに学ぶ、不確実な時代を生き抜くための常識のブチ壊し方

シェアする

大分イグジット オモシロ消防訓練屋

名古屋みやげ・カエルまんじゅう

名古屋みやげ・トミカ

遠出したのでコドモにおみやげを買う。
買うのはトミカ。
男子の好きなおもちゃとしてトップクラスのミニカーシリーズ・トミカ。

どうせトミカを買うのなら、消防関係のやつがいい。
私は消防車マニアではないが、消防関係の仕事をしている以上、自分がオモシロいと思うのは消防車である。
あとでコドモと遊ぶハメになるのだから、自分が興味のあるものにしといたほうがいいに決まってる。

どんなに有名な観光地に行ったとしても、コドモへのおみやげにご当地感など不要である。
なぜなら、コドモのほしいおみやげは「オカーサンが留守の間にがんばったご褒美」だから。

買ったのは「No.119 モリタ 消救車 FFA-001」。
消防車でも、救急車でもない、消救車。

大分イグジット オモシロ消防訓練屋

通し番号が119なのは偶然ではあるまい。

消救車とは

名前の通り、消防車と救急車の2役をこなす緊急自動車。
救急車の出動回数が増え続けている昨今では、消防車が負傷者を搬送するなんてことも現実に起こっている。
そこで登場したのがこの消救車。

しかし、消火用の設備を搭載しながら、同時に患者スペースと救急資材を兼ね備えるなんて、いくら需要があると言っても物理的にムリなんじゃないだろうか。
両方のいいとこどりをしようとしたばっかりに、どちらもが中途半端になるというのはよくあることだ。

と思っていたらこの車、救急車のようなバンではないのだそうだ。
車体のベースはトラックで、全長は6m近くあるらしい。
だから、ふつうの消防車の消火能力と、広い患者スペース、さらにさまざまな救急資材を配置することができるというわけ。

ちなみに「消救車」という名前は、消防車メーカー・モリタの商品名。
法的には「消防救急自動車」と呼ばれて消防車のあつかいなのだ。
ややこしいね。

変化に適応していくということ

人も車も、一芸だけではやっていけない時代なのだ。
本業だけに全身全霊を注いで、まっしぐらに突っ走ってさえいれば安泰だった時代ではない。
これまでの概念をブチ破って新しいことにチャレンジするのが、この不確実な世の中を生き抜くやり方なのだ。

ということを、コドモと遊びながらしみじみ感じるのであった。

コドモのおみやげからも学ぶ会社

イグジット、大分、よっしー

シェアする

コメントを残す