【雑な小細工】すぐできる!お年玉をあげるときに使いたい小細工アイディア

シェアする

お年玉にお札を用意するなら、シンプルなポチ袋にこんな小細工をしてみてはいかがだろうか。

小細工・諭吉の部屋

いざというときの予備金を入れているポチ袋がある。
これがあれば急な現金出費が発生しても安心である。

現金を使ったら補充するわけだが、補充したかどうも心もとないときがある。
「こないだ使ったあと入れたっけな~?」

いちいち袋を開いて確認するのがめんどくさい。
袋の中身がすぐわかるようにしたい。

パッと見てすぐわかる。
それでいて見えすぎない。
あとついでにオモシロ要素もほしい。

大分イグジット オモシロ消防訓練屋

すべての要素を満たしたポチ袋。

私の娯楽

誰に見せるわけでもないのに、こんな小細工をして暮らしている。
自分の不便を改善するための小細工が好きだ。
自分ひとりのためだけの工夫であっても、そこには必ずオモシロ要素がほしい。

これは趣味だ。自己満足だ。
決して仕事ではないし、仕事にしようとも思っていない。
しかしこれを発信することで誰かがオモシロがってくれれば、私は満足だ。

ひょっとしたら、誰かが私の小細工をヒントにして新しいモノを作るかもしれない。
それを眺めているのが私の娯楽なのである。

雑な寸法図。

ポチ袋に三つ折りで入れるときの雑な寸法図。

入ってないときもすぐわかる。

入ってないときもすぐわかるしかけ。

お楽しみがいっぱいの会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

シェアする

コメントを残す