コドモが感性のままに作ってくる作品の数々、いつまで保管する?どうやって保管する?

シェアする

コドモの作品

コドモはときどき作品を持って帰ってくる。
学校の授業で制作した作品なら、大きめの絵であっても立体的な工作であっても、ある程度の定型内の範囲だ。
家庭でも比較的保管しやすい。

ところが幼稚園や保育園などの未就学児が持って帰るものは違う。
学校と違い、コドモの豊かな感性を完全フリーで解放させているためか、できあがった作品は大きさも形も飛びぬけていることが多い。

感性のまま、実物大で作る

ムスコ②の通うこども園では、遠足で動物園を見学したあとに工作で動物を作る。
ナマの動物をまぢかで見たコドモたち。
その興奮が冷めないうちに工作をさせる。
そのため、それはそれは迫力のあるリアルな作品ができあがる。

数日にわたるこの制作イベント、完成の暁には「どうぶつえんごっこ」という続編イベントに続く。
こども園の年間行事としても中規模扱いで、コドモたちも楽しみにしているイベントなのだ。

事前の材料集めの段階からして気合が入っている。
どこから調達してくるのか、冷蔵庫の箱とかエアコンの箱とかテレビの箱とか、かなり大型の材料がぞくぞくと集められるのだ。
冷蔵庫の箱はゾウになり、エアコンの箱はキリンになり、テレビの箱はカンガルーになる。

小動物であってもバカにはできない。
モルモットやリスザルは、いつだってコドモたちに大人気。
だからこれらの小動物も作成される。
大量に!大量に!大量に!

大分イグジット オモシロ消防訓練屋

大量の小動物。

わが家にやってきた動物

そんな本気度の高い制作イベントで、ムスコ②はサイを作った。
そして持って帰った。

大分イグジット オモシロ消防訓練屋

リビングでは存在感がありすぎるサイ。

ここまで大きな作品になるとこども園のほうもご家庭を気遣って、たとえコドモが持って帰りたいと言っても一旦は保護者に確認をしてくれる。
「持って帰るって言ってるんですけど……大丈夫ですか?」

先生だってオトナだから、自宅のリビングにこのサイズの作品が鎮座するのがどういうことなのか十分に理解している。
強固に作り上げられたコドモの作品は、廃棄のために分解するのがメチャクチャめんどくさい!というのも知っている。
保護者が持ち帰りに難色を示せば、コドモへの説得を仲介してくれたりするのだ。

もはや止められない

わが子がこのサイを持って帰るといったときも、先生はちゃんと私に確認を取り、必要があればコドモ②を説得してくれる姿勢を見せていた。
だけどコドモ②はサイを持って帰った。
私が承諾したからだ。

だってコドモ②が持って帰りたいと言っているんだからなぁ。
その気持ちを阻止することはできないだろう。

もう好きなようにしていただいて、家でかわいがって遊び倒してボロにして、そしてコドモ②の気持ちが冷めたころに本人が納得して破棄すればいいや。

リビングにサイがいる。
それがなにか問題でも?

自宅は動物園の会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

シェアする

コメントを残す