実はマルサより厳しい!消防の査察に立ち会ってみる

シェアする

消防が来る

ちょっとした用事でお客さんのところに行ってたら、ちょうどこれから消防署が来るというではないか。

「消防が来る」というのは、いわゆる「立入検査」である。
立入検査とは雑に言うと、ちゃんとやってるかどうかの見回り検査だ。
「査察」とも言う。

査察といえば

査察と言えば思い浮かぶのは税務査察。
マルサによる強制調査で資料押収!なんてイメージがついてきてしまう。

しかしだな、マルサなんてたかだかカネの話でしかないのだよ。
消防のほうの査察は人の命がかかっているのだ。
だからマルサよりよっぽど厳しいのだ。

消防の査察は、やんわりとしてはいるが強制である。
「今日はちょっと忙しいんで」なんつって断ったりできない。
そして、査察の結果ダメ出しされたら、ちゃんと改善・報告しなければならない。

このお客さんは、つい先日イグジットが消防点検をしたばかり。
だからなにを聞かれても大丈夫!
なんなら私も立ち会って、大丈夫ぶりを保証しましょう!
とかいう大義名分にヤジウマ心を隠しつつ、お客さんにお願いして査察に同行した。

査察の結果

査察は厳しい。
一緒に見回る消防署員の中で一番年長と思われるオジサンがなにかと世間話をしてくれ、気を使ってくれているのがうかがえる。
しかし、調査の内容に関しては「ダメなもんはダメ」とハッキリ言って譲らない。人の命がかかってんだから当然だけど。
だから査察ではお客さんも緊張する。

厳しい査察の結果、消防訓練をしといてネ!という指摘があった。
消防訓練は、消防点検と同じように半年に1回やることになっているのだ。
そこですかさずオモシロ消防訓練をアピール。

「ちょうど先日、別のところでオモシロ消防訓練をやった様子がテレビで紹介されたとこなんですよ!ブログにも書きましたから、よかったらご覧ください!」
って名刺を配る。

関係者のような無関係者

査察はあくまでも、建物の管理者と消防署との話である。
だから設備業者であるイグジットが立ち会う必要はない。

だけどついこないだ点検したばっかりだし、無関係とも言えない私がちょうど居合わせたわけだし。
なんとなく責任を感じるじゃん。
査察というものを見てみたかったというのもあって、お客さんにお願いして同行させてもらった。

お客さんと同じで、査察では私も緊張する。
設備点検の結果については専門家として太鼓判を押しているわけだけど、消防署がダメと言ったらどうあったってダメなんだもの。

査察に立ち会う体験をさせてもらって、ホントによかった。
お客さんに自信をもって提供できる設備点検について実感した。
そして、自信をもって提供できる!と実感した。

すっごくマジメな会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す