混沌としたコドモのおもちゃ箱をなかばヤケクソでひっくり返し、ゴキゲンなものを発見する

シェアする

カオスに挑む

折に触れて思い切った片づけをやる。
そのきっかけはたいてい、コドモにイラッとしたとき。

そんなときは、見て見ぬふりをし続けていた、カオスのようなガラクタ入れを片づける。
コドモのおもちゃ箱。

買い与えたもの、拾ってきたもの、作ったもの。
使いかけのもの、壊れてしまったもの、半端なもの。
いろんなものがムチャクチャに詰めこまれた箱を整理する。

そうすると、ひょっこりお宝を発見することがある。

今日のお宝。

末期っぽいカエル

なんだ、この奇妙なカエルは。

首には首輪。
首輪をグイッと引っ張られるような形で丸カンがついている。
だらりと出た舌は、首輪を強く引っ張られているからだろうか。
手足も、脱力してしまったように見える。

手足と舌は可動式で、全体を揺らすとダラダラと動く。
おかげでよりいっそう力なく見え、末期を思わせる。
ひっくり返してみると、手足を力なく広げお腹を見せているさまが、さらに死んでる感を増長する。

見つけた人のもの

このいいかげんさをすっかり気に入って、こっそり自分のものにしてしまった。
コドモの物入れから見つけてきたものではあるが、このカエルの存在はきっと忘れられているに違いない。
万一バレたときには返却すればよい。

コドモのものを片づけるときは、たまにこういったお宝に巡りあう。
首輪の先についてたであろうヒモを代用品で補い、いつも持ち歩くものにつけた。

おさがりが多い会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す