MGはゲームなんだから倒産したっていいはずなのに、やっぱり赤字経営はダメだと思う理由

シェアする

赤字はいかん。

入るお金より出るお金のほうが多いのが赤字。
つまりマイナスになるということ。

会計や簿記では、赤字を▲で表す。
中を塗りつぶした黒三角。

逃れられない▲

マネジメントゲーム(MG)では、いろいろと事情があって、第1期の決算で全員が赤字になる。
次期へ繰り越す利益の数字に▲がつく。

次期に繰り越す利益は、決算書の最後のあたりで出てくる。
決算書を書き始めたころは「ひょっとして儲けたかな?」なんて淡い期待も抱くのだが、きちんと計算すると赤字なのだ。

創業したての第1期では、赤字から逃れられない運命なのだ。
(MGに限る)

▲を量産

続く第2期からは各自の自由な経営で、黒字の人もあれば、引き続き赤字の人もいる。
私はたいてい赤字を引き継ぐパターンである。
決算をするたびに最後のあたりで何度も▲を書くハメになる。

前期の利益が▲。
今期の利益が▲。
累積の利益が▲。
資本金が▲。
とにかく▲を書いてばかり。

いっそ、消しゴムはんこかなんかで▲を作ろうか。

黒三角の書き方

先に述べた通り、▲は中を塗りつぶした黒三角だ。
△を書いて、その中を黒く塗りつぶす。

数字ならどれだけ書いてもサラサラなのだが、この▲は書くのに手間がかかる。
イチ・ニッ・サンでカクカクと△を書く。まず、これが手間。
そして中を塗りつぶす。これも手間。

赤字が足を引っ張っている

赤字はいかん。
赤字を表す▲を書くのにだいぶ時間がかかる。

私は、業績は悪いが計数はけっこう速いのだ。
計数力という項目で1番になったことだってあるのだ。

ここにも▲がついてくる。

計数力があるというのは、決算処理にかかる時間が短くて済むということなのだ。
あれ?書くのに手間のかかる▲がなければ?
ひょっとして、もっと猛スピードで決算が終わるのではないだろうか。

赤字の▲なんか書いて、貴重な時間をムダにしてはいけない。
だから赤字はいかん。

自己資本が増えて、うまいこと▲を免れた例。

経理は手書きではない会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す