いつ鳴るのか何度鳴るのか、自分では設定できないリマインダーシステム

シェアする

思いつき

こういうのどうかな。

年に数回、メールかなんかで届くお知らせ。
登録と解除だけが自由で、あとはすべてがおまかせのお知らせシステム。

お知らせが届く回数も頻度も、自分では決められない。
お知らせが届く時間帯も、自分では設定できない。
すべてランダム。

届くお知らせの内容はこんなの。

今まさにこのとき、震度6の地震が発生!
さぁ、どうする!?

その場で考える

このお知らせを見たそのとき、震度6の地震のことを考えるわけ。
例えば、電車に乗っているとき。映画館にいるとき。残業してくたびれて帰ってきて、ようやくひと息ついたとき。
場合によっては「こんなときに災害ごっこかよ!」ってイラッとするかもしれない。
でもこれは、自分でシミュレーションするためのきっかけを、強制的に作るしくみなのだ。

だからお知らせの内容は地震だけじゃない。
大雨で川が氾濫・山が噴火・下の階から出火。
考えられる災害が、これまたランダムに表示される。

これが今この場で起こったらどうなる?どうする?
それを考えるためのリマインダーシステム。

そんなお知らせシステムを作りたいなー。
メールだけと読むタイミングを自分で決められちゃうから、もちょっと強気のやつがいいかな。
登録した人に、まさに「忘れたころにやってくる」お知らせ。

モチベーションがもったいない

だってさ、防災の日とかに「ご家庭でも話し合ってみましょう」とか言われてもすぐ忘れちゃうじゃん。
家に帰るまでに忘れちゃう。
会場を後にしたら、その瞬間に忘れちゃう。

「大事なことだから一度くらいはちゃんと考えなきゃ」
そういう気持ちがもったいない。
せっかくその気になってたのに、モチベーションが長持ちしなくて消えてしまう。
考えるきっかけを失ってしまう。
それがもったいない。

名前は「もしもリマインダー」にしよう。

考えるきっかけを作りたい会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16安松ビル1階
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す