スプリンクラーのシャワーを浴びてみる?

シェアする

スプリンクラー

みなさんは、スプリンクラーにどんなイメージを持っているだろうか。
天井から降ってくるシャワー?
びしょ濡れの家財?
映画で見たシーンのような、水のしたたるヒーローとヒロイン?

天井のアレがスプリンクラー。

火事にせよ誤報にせよ、防水ではない室内に降る雨なので水損はかなりのものである。
なにしろ火を消すことを最優先にしているのだから、消火以外のことはやむを得ない。
電気機器は全滅、紙類もダメ、階下には水漏れする。
洗えるものならなんとか再利用できるかもしれない。

降るのはこの水

ほとんど汚水。

スプリンクラーが作動したとき。出てくるのはこんな水だ。
ドロ色に濁った水。
これが天井から降ってくる。

スプリンクラーの水

非常用の設備であるスプリンクラーの水は、死に水だ。
死に水とは、配管の中で動かない水のことである。
配管の中に入った水は、スプリンクラーが作動するまでそこにたまったままなのだ。

スプリンクラー配管の水は、当然ながら飲用不可。
飲料水とは別の配管を使う。

※飲料水と同じ配管を使うタイプのスプリンクラーも存在する。

スケルトン天井裏のスプリンクラーとその配管。

ときどき出してやる

半年に1度の消防点検では、スプリンクラーが正常に作動するかどうかの検査をする。

と言っても、半年ごとに室内でシャワーを出してみるわけではない。
配管の最後の方に、検査用の排水弁がついている。
その弁を開けて水を出してみるのだ。(出してみたところがさっきの写真)

水が外に出ると、配管の中の水圧が下がる。
水圧が下がったのを合図にしてポンプが自動的に起動する仕組みになっている。
ポンプの力で、水の少なくなった配管の中に新しい水を送りこむ。

水が出るかどうか。
ポンプが動くかどうか。
これを半年ごとの消防点検で検査する。

こうして半年ごとに水を出してはいるが、全部を出すわけではないのでやっぱり配管の中の水は死に水のまま。
スプリンクラーの水は浴びないに越したことはない。

スプリンクラーはそっとしておきたい会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16安松ビル1階
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す