どれだけ時代が激変しても、変えない・変わらないものにはよさがある

シェアする

防災対策のしめくくりに「ステップダン」

カタい業界のデザイン

消防用の機器は、それはそれは厳しい国家検定をクリアしてから世に出ている。
人の命がかかっているのだから当然だ。
仕様の段階で、形状・技術の両面で検定・規格に合っているかどうかを調べる。
個々の製品においてもまた、合格した仕様と同じものであるかどうかを調べる。

つまり、雑に言うと、カタくて大がかりなのだ。
カタくて大がかりだからこそ、人の命や財産を安心して託すことができるわけだ。
しかし反面、気軽なリニューアルがしにくいという難点が生じてしまう。
ちょっとしたデザインの変更なんて、そうそうたやすくできるものではない。

人の命とデザインとを天秤にかければ、結果は明らか。
だから、一度決めたデザインが長年利用され続けることがある。
カタログとか使用説明書とか。

時代は巡る

冒頭の画像は、避難ロープのカタログの一部である。
いつごろの時代のものか、一目瞭然だ。
ここまで古いと、もはや斬新ささえ感じてしまう。
「このミニワンピ、モダーンな感じじゃない?」

このカタログがいつごろ作られたのか。
そのヒントがメーカーのウェブサイトにあった。
トーヨー消火器工業株式会社

ウェブサイトで沿革を見てみると、1979年にこの避難ロープ・ステップダンが認定に合格したとある。
約40年前だ。

ファッションは30年ごとに繰り返されるという。
ミニワンピをモダーンと感じてしまうのもやむを得ない。

トップページで避難はしごを降りている団地妻風な女性も、やはり昭和の色が濃い。

流行に惑わされない会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16安松ビル1階
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す