食べ盛りの子どもたちによるウインナー争奪戦をうやむやにする方法

シェアする

子どもの大好物

子どもはウインナーが大好きだ。
食べ盛りのわが家の子どもたちもウインナーが大好きだ。

しかしどういうわけか、スーパーで売っているウインナーは袋にちょっとしか入っていない。
「内容量 標準8本」なんて袋に書いてある。
とても足りない。

この袋には8本入っていた。標準だ。

たったの8本なんて、3人の子どもに与えたらあっという間だ。
次々に手が伸びて、一瞬でなくなるに決まっている。

どんなに数えてみても、やっぱり8本しかない。

ひとり何本!?

それよりも重大なのは「ウインナー争奪戦」が始まることだ。
「ウインナー争奪戦」では、誰が何本食べたのか!?が争点となる。

8本という数はマズい。
8÷3=2.666666‥‥

ひとり2本は確実にありつけるが、残った2本をどのように分配するか。
これはきょうだいと言えども、いや、遠慮のないきょうだいだからこそ熾烈な争いになる。
長子から末っ子までは9歳の年の差があるが、そんなことは今は関係ない。
年上だから譲る、年下だからもらえるなんてことは、絶対にありえない。

8本のウインナーをこのまま食卓に出せば、必ず「ウインナー争奪戦」が起こる。
争奪戦は実にえげつない。
見るにたえない。

ではどうするか。

簡単な答え

8本のウインナーが、あっという間に2倍の16本に!

先手を打つ会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16安松ビル1階
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す