もらいためたサンプル化粧品を旅先で使う人が特に注意すべき点

シェアする

旅の準備

旅慣れていないので、たまの旅行となると準備に緊張する。
旅先で不便があってはならぬ。
いらぬ出費をしてはならぬ。
しくじってはならぬ。

旅行専用のものなど持っていないので、旅行前になると家中からふだん使いのものをかき集めてこなくてはならない。
化粧品もそうだ。

【旅慣れない人の工夫】
旅なれてないけど荷物は最小限にしたい人のためのラクな小細工

化粧品を持っていく2つの方法

旅慣れない人が旅行に化粧品を持っていくには2つの方法がある。

ひとつは前出の、ふだん使いの化粧品を小分けにして持っていく方法。
準備に少々手間がかかるが、旅先でも慣れたいつものやつを使えるのでストレスがない。

もうひとつの方法は、もらいためたサンプル化粧品を持っていくこと。
これならほとんど準備がいらない。
旅行中には絶対避けたい化粧品のモレ問題も起こらない。

旅先でボーゼン

この方法のデメリットは、慣れない旅先で慣れない化粧品を使うということ。
メイクでいつものノリが再現できないのは、その1日の気分にかかわる。
ましてや外出100%である旅行でのこと。

それだけではない。
もらったサンプル化粧品には種類のバラつきがある。
いくつも持ってきたはずなのに、よく見たら全部ファンデーション。お風呂でボーゼン。
なんてことも(私は)ある。

失敗を繰り返しながら、少しずつ旅に慣れていこう。

失敗する会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16安松ビル1階
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す