「アタマおかしい」は、もはや誉め言葉~大分中津かさこ塾

シェアする

rp_20160121_085401-300x169.jpg
大分中津で開催されているかさこ塾へ行きました。

これから塾に参加する人、中津で塾を卒業した人、
新年会への参加のために遠方からやってきた人、
塾生以外にたくさんの方と会うことができました。おトク。

私にはまったく興味のないジャンルで活動している人がいっぱいいました。
ここに来なけりゃまず出会わない人。
SNSで「友達の友達」だったとしても、その投稿やブログを見ることはないでしょう。

だけどみんなものすごく楽しそうなんですよ。
新年会での大騒ぎしている画像や動画がアップされているから
お祭り人間じゃない人は居づらいかというとそうではなかったです。
じんわり静かに語りあって楽しむもOK。大騒ぎを見ているのもアリ。
それぞれがそれぞれに楽しんでいるのです。

好きな楽しみ方をすることができるので、それで自分が満たされました。
満たされたらあとは、他の人が楽しんでいるのを喜ぶことができて、
この連鎖でみんなが楽しいという仕組みになっているんではないか。
とか、大騒ぎを見ながら考えてるのもOKなのでした。

後日さっそく「かさこさんとアタマおかしい仲間たち」というタイトルの
Facebookグループからお誘いがありました。
「アタマおかしい」って、フツー大人になると他人に向かって言わなくなるもんですが、
もはやこの言葉が誉め言葉になっているほど個性歓迎の場であることはまちがいありません。

シェアする

コメントを残す