消防設備業者のための【現場で使える外国語】~火災感知器の検査に来ました

シェアする

大分県別府市

別府市は外国人の多い街である。
観光地であり、APU(立命館アジア太平洋大学)という国際色豊かな学校があり、街にはいろんな国の外国人が歩いている。
APUの卒業生が、就職先に第二の故郷である別府市を選ぶこともよくある。

イグジットでは集合住宅の消防点検をやる。
当然ながら別府市の集合住宅でも仕事をする。
別府市のアパートには、外国人も暮らしている。

消防点検は、ある意味お宅訪問である。
そして、玄関のピンポンを鳴らして出てくるのは日本人とは限らない。
そんなとき、どうする?

とっさのひと言

別府に暮らしているんだから、日本語がまるでダメという人はあまりいない。
しかし、誰でもが流ちょうな日本語を使いこなすとも限らない。

消防設備業者が、集合住宅の点検で外国人に出会ったときはこう言おう。

We’ll check the fire detector
Can I come in?

火災感知器の検査です。
入ってもいいですか?

検査(点検)はinspectionなんだけど、私の会った外国人はcheckを使っていた。
日常的にはこれで十分通じるんだと思う。

翻訳アプリ

これくらいのひと言なら、グーグル翻訳で間に合う。
英会話教室なぞに通う必要もない。
まったく便利な時代である。

火災感知器はファイヤー・デテクターと言うらしい。

点検が終わったらこう言おう。
Check is over, thank you.

英語指導:おうち英語ナビゲーター・ディーナ新美氏
おうち英語スクール@愛知 半田市 おうち英語ナビゲーター ディーナ新美のブログ

とっさのひと言

しかし、外国人がみんな英語を話せるとは限らない。
別府にはアジア圏の人だってたくさんいる。
せっかく便利な翻訳アプリがあるんだから、韓国語も押さえておこう。

韓国語では、火災感知器のことを「화재 감지기」と言うらしい。
このままではなんと読むのかわからないので、翻訳アプリにしゃべらせてみる。

韓国語で火災感知器‥‥何と読むのか。

おヒマな方はぜひやってみてもらいたい。
翻訳アプリの発音ではハジ・カンチキと言っているように聞こえる。
ハジのところが火災で、感知器はカンチキなのだ。
なに?この運命的な出会いは。

ハイ、みなさん。
もう覚えましたね?

カタコトの会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16安松ビル1階
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す