大分銘菓「ざびえる」を売るためのチラシをデザインする

シェアする

「ざびえる」とは

ざびえるとは、ビスケット生地に白あんを包んで焼いた大分の代表的なお土産だ。

大分銘菓ざびえる

ざびえる本舗・ざびえる

この手のお土産は、和風洋風を問わず全国に多数存在する。
福岡の「銘菓ひよ子」や「博多通りもん」は、私の中では同じジャンルだ。
食べたことはないが、福島の「ままどおる」、大阪の「みるく饅頭・月化粧」なんかも同じ箱に入れていいやつなんじゃないかと思っている。

シンプルで愛らしい「銘菓ひよ子」

ざびえるは、どこに出しても恥ずかしくないお土産である。
異国風な赤い文字を施した黒いビロード調の箱はいかにも豪華。
その箱にずっしりと詰まったざびえる。

そんな、愛すべきざびえるを売るためのチラシをデザインする。

 なぜそういうことになったのか?

と言っても、メーカーの依頼でもなんでもない。

ハンズオン祭り2017というイベントで勝手にデザインした。

ハンズオン祭りとは、パソコンを使った体験型のセッションイベントだ。
内容は、プログラミングやデザイン、ブログの書き方などさまざま。

実は去年のハンズオン祭りにも参加した。
【去年の様子】
習うより慣れろ!の人が習いに行く~春だ!みんなでハンズオン祭り2016

今年は「チラシをデザインしてみよう」というセッションに参加。
ワークショップが中心なので、即興のデザインが求められるというスパルタセッション。ひ~。
そのワークショップのひとつが「ざびえるを売るためのチラシをデザインする」というやつだったというわけ。

参加者全員のデザイン発表があり、どれもこれも興味深い。
自分と違う脳みそから出てきたアイディアってオモシロいよね。
せっかくなのでよっしーの即興デザインをご紹介しよう。

即興デザイン①

「むいて食べるのがむずかしいお土産・焼き菓子部門」
5年連続金賞受賞!!

白あんを包んだまんじゅう系のお土産は、皮をむいて食べる。
それが私の楽しみかただ。
「銘菓ひよ子」なんかはその最たるもので、かわいらしいひよ子チャンの頭の皮からパカッとはずして食べる。
皮を先に食べて、あとから中の餡だけを楽しむのだ。

しかし、大分名物のざびえるはそうはいかない。
皮と餡がしっかりと融合しているのだ。
むきにくいことこの上ない。
ざびえるをうまくむくことができたら、私はSNSに投稿する。

生地と餡がしっかり融合しているざびえる。

即興デザイン②

調子に乗ってもうひとつ。

「ざびえるっち、人の名前なん?」
いいえ、大分のお菓子です。

これはうちの子どもが実際に言ったセリフ。
大分っ子は、教科書でフランシスコ・ザビエルを知るよりお菓子のざびえるを食べる方が早い。

ひよ子はここから食べる。

デザインも自分でやる会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

ざびえる愛

本物のざびえるは、もっと上品なイメージで売り出している。
だからこそ、そのスキマを突いてみたい。
ざびえるのイメージをもっと広げてみたい。
そういう想いの詰まったデザインなのだ!

とはいえ、メーカーにこのチラシ案を提案しても一瞬でボツだろな。

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16安松ビル1階
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す