生放送の出番待ちでプロの心得を聞く

シェアする

KBC「アサデス。九州山口」

出番前の緊張感

テレビ番組の生放送に出演する機会をいただいた。

出番待ちのときスタッフの方から「緊張しますか?」って聞かれてちょっと戸惑った。
なぜなら、多少のヘラヘラ気分があったから。

ここはひとつ「ガチガチに緊張します!」とか言ったほうがいいのだろうか。
でもそれではいかにもウソくさい。
ほどよい緊張感があるのは間違いないのだから、それを正直に言おう。

「生放送は失敗できないんで、やっぱ緊張しますね」

 プロの語る「生放送」

そしたら、そのスタッフさんがキッパリとこんなことを言うではないか。
「でも生放送なんて、放送してしまったら終わりですからねー」

たとえ失敗したって、放送されるものは放送されてしまう。
失敗が怖くて恐る恐るやったって、同じように放送されてしまう。
だからそんなに緊張しなくてもいいんですよ!
ということ解釈して、ひどく納得。

ナルホドなー。
確かにそうだよなー!

あの先っちょから私の映像が‥‥。

問い合わせが殺到する会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16安松ビル1階
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す