見たい!聞きたい!言いたい!やりたいことが形になった!

シェアする

「おーい」とか「ヤッホー」とか言ってそうな、3匹のおサル。

手のひらサイズの陶器のサルたち。
3匹集まって、陽気におしゃべりしている感じ。
いかにも楽しそうなムード。

このおサルたち、一体何かというと。

見ザル・言わザル・聞かザルの三猿を、現代風にアレンジ。

「見る・言う・聞く 今時三猿」という作品。
いわゆる三猿を逆にした、現代風の三猿だ。

大分県国東市にあるラパロマという工房で、陶芸家として活躍する中野マーク周作氏の作品。

怪物?魔物?びっしりと並ぶ作品はひとつとして同じものがない。

子鬼をあやす大人の鬼。こんなほのぼの作品もある。

 やりたいことばかり

中野マーク周作氏の三猿には、オーソドックスな「見ザル・言わザル・聞かザル」バージョンもある。
だけどオモシロいのは、断然こっちの今時三猿だよ。

見たい!
聞きたい!
言いたい!
私のやりたいことは、まさにこれだ。

見る。
聞く。
言う。
じっくり観察し、なにを言おうとしているのかを聞き取り、そして口を開く。
これって単純に、すっごく大事なことじゃん。

 元祖三猿

こうなると、オーソドックスな「見ザル・言わザル・聞かザル」がやけにヘンに感じてしまう。
周りのものをシャットアウトして、自分だけでやるつもり?って気がしてしまう。

諸説あるようだけど、元祖のほうの三猿には「人の欠点や過ちは、見ない・聞かない・言わない」という意味があるのだそうだ。
また、「礼節に反することに、注目しない・耳を傾けない・言わない」という孔子の戒めでもあるとか。

だったら元祖だって今時だって、どっちだっていいなぁ。

4匹目

実は三猿、もともとは四猿だったそうだ。

4匹目のおサルは、おまたを押さえたポーズの「せざる」。
孔子の戒めで言うと「礼節に反することを行わない」、つまり浮気をするなということ。

そうなると今時バージョンでは‥‥。

ここでは自粛する会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16安松ビル1階
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す