消火器のピンが抜けたときの応急処置

シェアする

このブログで一番人気なのは「消火器のピンが抜けちゃった(抜いちゃった)ときの対処方法」。
需要の途切れがないようで、数は少ないけれど毎日コンスタントに読まれている。
イグジットにもときおり、「消火器のピンが抜けた」という問い合わせの電話が入ることがある。

「ピンがなくなった」「壊れている」という場合もあるようなので、とりあえずの応急処置について書いておく。

かませる

要するに、放射のきっかけになるレバーを固定してしまえばいい。
くちばしのような黒いレバーが閉じないように、固めのものをかませておく。

かませるときのコツ

安全ピンが抜けると同時に、レバーのロックも外れてしまう。
このロック用パーツを元に戻し、それから固いものをかませておけばもうバッチリ。

ここで注意していただきたいのは、ロックパーツやかませたものが外れないようにガムテープなどで固定してしまうのはやめといたほうがいいということ。
なぜなら、イザ消火器!という緊急事態になったとき、固定されたガムテープをはがすのに手間取るから。

メーカーによって形状がずいぶん違う。

なんと言っても、これはあくまでも応急処置。
新しいピンを手に入れてさっさと復旧してしまうのが一番いいに決まってる。

いろんなピンを持っている会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

フォローはご自由に。

シェアする

コメントを残す