便座のフタを閉める理由と、閉める判断

便座のフタ、閉める?

洋式トイレの便座のフタを閉めると、一体どんないいことが起こるというのだろうか。

閉める効果

一般的な認識として、便座のフタを閉めるのはマナーなのだそうだ。
つまり、フタを開けっ放しにしておくと「気遣いのできないやつ」というレッテルを貼られるわけだ。

その他に、便座のフタを閉める理由には感染症の予防やニオイ防止、風水なんてものもある。
あと節電。

節電のイメージ

温水洗浄便座の場合、フタを閉めることによって節電になるという。
確かに、フタを開けておくと熱が逃げてしまうイメージがある。
熱が逃げれば自動的に追加保温される。
逃げる、追加保温、逃げる、追加保温。
イタチごっこだ。

でもこれ、ホント?

節電効果

病院のトイレにこんな表示があった。

「約10%ほどの節電になります」

便座のフタを閉めた場合の節電効果は約10%だという。
東京電力のサイトによると約15%の節電になるという。
つまり、まぁだいたいそのくらい。

今まで闇雲に便座のフタを閉めていたが、この数値によってハッキリした。

10〜15%を節電したいかどうか。
漠然としたイメージではなく、自分が節電したいかどうかで決められる。
あぁ、スッキリ。

やっぱり閉める

便座のフタを閉めておいたほうがよい理由はまだある。
それは便器の中に物が落ちないようにするためだ。

スマホとか鍵とかメガネとか生理用品とか。
今までに何度も便器の中に物を落としてきたが、そういえばそれらはすべて和式であった。

落としたら拾う会社

シェアする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください