大阪・阿倍野防災センターにところどころ仕掛けてある小細工がオモシロい

シェアする

夏休みの家族旅行といえば観光地やレジャースポット。
大人はのんびり寝てすごしたいところだが、子どもメインになってしまうのは否めない。
というのが一般的かな?

わが家の家族旅行は大人の研修を兼ねていることが多い。
今回のツアープランの目玉は、大阪市にある阿倍野防災センター
家族旅行というよりは研修旅行である。

リアルな震災体験ゾーン

体験型の防災センターである阿倍野防災センターには、地震発生後の街並みを再現したフロアがある。
どこの市町村にもありそうな、古くからある街並み。
ご近所同士の息づかいが伝わるような、木造住宅と狭い路地。
ひとたび大震災に見舞われればひとたまりもないような、小さな街。

ぼうさい通り1丁目

神戸市にある人と防災未来センターの震災体験フロアも恐怖を感じるリアルさだったけど、こっちはさらに見がいがある。
というわけで、阿倍野防災センターのリアル街並みにおける見どころをご紹介したい。
ポイントは、細かい設定。

防災意識の高い地域

ぼうさい通り1丁目

被災する「ぼうさい通り」。

ここは阿倍野区ぼうさい通り。
どんな防災をしていたか知らないけど、激しい揺れに襲われてこのありさま。
古い建物が多かったので被害も拡大した模様だ。

通りの名前に「防災」を採用したのはよかったが、その高い防災意識は街並み改革に使ったほうがよかった‥‥というのは事後だから言えること。

ホントにありそうな屋号

ショットバーDANGER(ぼうさい通り1丁目)

街のショットバー、DANGER。

ショットバー「DANGER」の名前の由来は、やはり危険。
入口の上にある、突き出した看板がガクンと動いて見学者をビビらせるのだ。

右奥に見えるのは分譲受付中の不動産屋の看板。
その名も「太伸不動産」。

表札が運命を決める

かじさん宅(ぼうさい通り1丁目)

火災が発生する「かじ」さんの家。

梶さんだか加治さんだか知らないが、表札を平仮名にしたばっかりに火事に見舞われてしまった。
ご丁寧にポストの表記までひらがなだ。

賃貸業にあるまじき屋号

はんかい荘(ぼうさい通り1丁目)

なんとか全壊を免れた「はんかい荘」。

全壊は免れても、これでは再び賃貸業を営むのは難しいと思われる。
ネーミングは大事だ。

ちなみに、「はんかい」という苗字は、珍しいけど存在するらしい。
北海道や京都・宮城などに数十人の「半海」さんがいるんだって。
半海さんが建物を持つときは、漢字表記にしたほうがいい。
たとえ一発で読んでもらえなくても。

作りたい

細かい仕掛けがいろいろとオモシロい、阿倍野防災センターの震災体験フロア。
こういうセットって、どうやって作るんだろうな。
倒壊した建物を作るための設計図って、どんな具合になってんだろ。
材料は廃材を使うんだろうか。

作る工程も興味深いが、オモシロい仕掛けを施すのはもっと興味深い。
見に来た人がどんな反応をするか、そんなことを考えながら仕掛けるのは楽しいだろうなー。

自社ビルの夢をあきらめていない会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す