原因はキャスティングミス?生放送中に大惨事

シェアする

前回までのあらすじ

夏休みは大阪旅行だよ!とコドモズをだまくらかして、大阪・阿倍野防災センターへ。
家族旅行とは仮の名の、防災研修旅行である。

前回は、防災センターの体験ツアーの目玉である、震災体験フロアのリアルな被災セットをご紹介した。

大阪・阿倍野防災センターにところどころ仕掛けてある小細工がオモシロい

 大阪の脅威

防災センターの体験ツアーは被災セットをめぐるだけではない。
被災の原因になる地震の大揺れも体験できるのだ。

ツアー参加者が最初に案内されるのは、シアタールーム。
映画館のようなシートに全員が座る。
このシートが揺れるわけだ。

地震を体験するための座席

一見映画館のようだけど、全席にシートベルトつき。

スクリーンに映し出されるのは、「NHKスペシャル・シリーズ巨大地震~南海トラフと大阪」というタイトルでもついていそうな特番。

コメンテーター・大路シン氏

南海トラフも脅威だが、大阪の直下には上町断層というのがあるらしい。

ローカルで見すごされがちだが、脅威であることは間違いない。
大分県民の私にとっては上町断層なんか無関係だと思いがちだが、よく考えてみたら今現在その大阪に来てるんだった。
ローカル断層とはいえ油断はできない。

震度0と大地震

さて。
この番組に出演している女性アナウンサー、名前は「進藤レイ」。
震度0だなんて心強い。
なんて縁起のいい名前なんだろう。

アナウンサー・進藤レイ氏

街の人々に災害への備えをインタビューする女性レポーターの名前は「日比野そなえ」。
名前に劣らずご活躍の様子。

ところが、コメンテーターとして出演しているアバター風の男性が「大路シン」。
これはマズい。
地震関係の有識者なのかもしれないが、名前がいかん。

 番組の途中ですが

大路氏の出演が災いしてか、番組中に大きな地震が発生する。
(視聴している我われも揺れを感じたということは、この特番は生放送だったんだね)

揺れが収まったところで、いよいよ本格的に体験ツアーが始まるのであった。

断層から逃れられない会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す