ゴーヤーを完熟させると苦くないというのは本当か

シェアする

ゴーヤーは苦い。
身震いするほど苦い。
苦いから苦手だ。
ずっと以前に切れっ端をかじって以来、敬遠している。

反面、ヘンなプレッシャーも感じている。
大人のくせにゴーヤーぐらい食べられなくてどうする、みたいな自分の不甲斐なさというか。

私にとって、ゴーヤーはなんとなく気になる植物である。
繁ったゴーヤーが日除けになるという点も気になっている。

そんな私に朗報が届いた。
熟したゴーヤーはさほど苦くないというではないか。
緑色のうちは苦いが、オレンジ色になるまで熟したものはそこまで苦くないという。
ホントなのか?

そんなわけでこの夏、庭にゴーヤーを植えてみた。
初めてのゴーヤーなので恐る恐る、庭の隅にひと株だけ。

さすが、緑のカーテンになって省エネにひと役買うだけある。
あっという間にモッサモサ。
そして次々に実がなった。

そのうちオレンジ色に熟し、緑のカーテンから自己主張するようになってきたので収穫してみる。
実はプヨプヨと柔らかい。

さっそく切ってみよう。
こういうことには、気性のよく似たムスコが付き合ってくれる。
持つべきものは好奇心旺盛な男子。

うえっ!
なんだこの真っ赤なワタは!?
キドニービーンズの煮物?

まるで生魚の内蔵みたいにヌラヌラとしている。
ゴーヤーのワタって、熟すとこんな色になるの!?
ふたりでギョッとする。

まぁいい。
生の内蔵のようなワタを食べるわけではないのだから。

勇気をふるってひとカケラ、口に入れてみる(ムスコが)。
‥‥うえっ!苦っ!(ムスコが)

カーテンだけ利用する会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す