「カスタマイズ車しか買いません」消防車の常識は一般の非常識~NHK探検バクモン

シェアする

NHKの探検バクモンという番組で、消防車工場が取り上げられていた。

一般的にはなかなか目にすることができない場所へ潜入する番組というのは実にオモシロい。
消防車を作ってるところなんて、消防署の人でもなかなか見られないとこだもんね。もちろんイグジットのメンバーも見たことがない。

日本の消防車の半分を作っているという取材先の工場は、この業界の人間ならだれでも知っている株式会社モリタ
トミカ好きの人なら知ってるかもね。

【消救車についての参考資料】コドモのおみやげに学ぶ、不確実な時代を生き抜くための常識のブチ壊し方

モリタ製のツーウェイ緊急車両・消救車。

めったに見られない消防車の工場ではあるが、番組の内容は一般向け。
だから私にとっては「おぉっ!そうだったのか!」という驚きはあまりない。

だけどオモシロい。
「おぉっ!一般的にはそう思われているのか!」とか「常識だと思ってたけど、知られていないことだったのか!」とかいう逆方向の発見があってオモシロい。

たとえば、消防車は受注生産のオーダーメイド品であること。

使用する地域によって条件が違うので、発注の仕様書に合わせてカスタマイズされていく。
「中古車でもいいよ」といって消防車を買う消防署はありえないので、いつも新車購入。
消防車の購入は入札で、そこんところにいろいろとアレな事情が絡んでくることもあるんだけど、さすがにNHKが番組で扱ったりしないよね。

あと、消防車のベースが市販のトラックであるというのも、一般的には意外なことらしい。

日野自動車とかいすゞ自動車とか、そのあたりのメーカーの車体をアレコレして消防車に改造している。
消防車はオーダーメイド品であるから、ベースはメーカーや車体が一定ではない。いろんなとこのいろんなタイプが使われている。

これらは消防関係の仕事をしてればなんとなくわかってくることなんだけど、番組では出演者の全員が感嘆していた。

一般的な視点や感覚を知るのは勉強になるなぁ。
だから、こういう紹介番組を見るのが好きなんだ。

【NHKオンデマンド】探検バクモン「日本一の消防車工場」

会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す