上の子と下の子、同じきょうだいなのに全然タイプが違うんです!

シェアする

アッタリマエじゃん。
別の人間なんだから。

オカーサンの雑談

オカーサン同士の会話でよくある、「下の子は、上の子と違って○○○なのよー」。
同じ親から生まれてきて、同じ家で同じものを食べて育っているのに、ぜーんぜんタイプが違う!という話だ。

上の子はおとなしいのに、下の子は激しい。
上の子がやらなかったことを、下の子がこともなげにやってのける。
たいていはそんなこと。

不思議だよね。
同じように育ててるのにさ。
その子にはその子のなにかがあるんだろうねー。
なーんていう、他愛もないオカーサンがたの雑談である。
そしてそこから、長子あるある・末っ子あるあるとかいう話に流れていくこともある。

見えてくるそれぞれ

3人のコドモを育てているが、徐々に慣れを感じている。
危険作業を伴う工事現場なら、慣れからの油断で事故を起こすタイミングとでも言おうか。

おかげさまで我が家のコドモたちは、全員が大きなケガも病気もせず、やかましいくらいに元気よく育っている。

そして、それぞれが年を経るごとに特性を見せ始めている。
長子のムスメは家庭内商売で小遣いを潤し、真ん中のムスコは突発的な勢いがものすごい。末っ子は姉の商売根性に持ち前の大胆さを合わせもっている。
みんなそれぞれに違う。

ふたりの違い

2人目のコドモを持ったとき、その違いに一喜一憂した。
ムスメのときにはこんなことはなかったのに!ということが目白押しであった。
またその違いを楽しんでもいた。
「きょうだいでこんなに違うんだねー」

とはいってもちょっと待て。
彼らには、私が産んだというところ以外の共通項があるのだろうか。

性別も違う、生まれたタイミングも違う、産院も違う。
母親のスキルも違う、食べさせるものも違う、育てる家も違う。
ついでに、父親も違う。

むしろ違うとこだらけじゃないか。
「上の子と下の子、同じきょうだいなのに全然タイプが違う!」はアッタリマエだったのだ。

こんなことが今ごろわかるとはね。

余談

このブログではいくつかのカテゴリー分けをしているが、「生活の中の雑な小細工」と「社会訓練校という子育て法」はいっそのこと足して2で割ったらどうだろうかとか、考えている。

「生活の中の雑な子育て法」

毎回違う会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す