「家に帰ったらご飯ができてる人」の真実

シェアする

「家に帰ったらご飯ができてる人」と「家に帰ってからご飯を作らなきゃならない人」とでは、家の外にあるものの見え方までが違う。もういっそ、別の星に生きている、くらいに思ったほうがいい。だけどこれは「家に帰ったらご飯ができてる」状況しか知らないうちはなかなかわからないんだよね(>_<)

お世話する人とされる人との溝について言及したこのツイート。
この時点で2.7万のリツイート、3.5万のいいねがついている。
共感する人がいかに多いかということだ。

おそらくここでの共感は、「家に帰ってからご飯を作らなきゃならい人」たちからの共感であって、別の星に生きていてものの見え方が違う「家に帰ったらご飯ができてる人」たちからの共感ではないだろう。

わが家の事情

私はどちらかというと「家に帰ってからご飯を作らなきゃならい人」だ。
仕事を終え、買い物をし、末っ子を迎えに行ってからバタバタと帰宅する。
そして食事を作る。

夫はたいてい私のあとから帰ってくる。
夫はここで言う「家に帰ったらご飯ができている人」だ。
私と夫は別の星に生きていて、ものの見え方も違うのだろう。
ついでに言うとコドモもまた、私とは別の星の人だ。

「家に帰ったらご飯ができている人」の真実

しかしだな。
「家に帰ったらご飯ができてる人」のすごさというものもあるのだ。
そのすごさといったら、「家に帰ってからご飯を作らなきゃならい人」にはとうてい太刀打ちできないことなんじゃないかとさえ、私は思っている。

それは、家に帰ったらすでにできているご飯を食べるということだ。
私からしてみれば、すごい。

入れ替わるとわかる

たまに私と夫の立場が逆転することがある。
私が残業し、夫が帰宅してからご飯を作るパターンだ。
ご飯を作ると言ってもふだんやり慣れていない人のメニューであるから、買ってきたお惣菜だったりレトルトカレーだったりする。麺ばっかりの焼きそばだったりする。

残業を終えて帰宅し、作られたものを食べるわけだが、「今日はそれを食べる気分じゃない」ということがよくある。
いや、作ってくれたことは間違いなくありがたい。
これから自分で作ることを考えたら間違いなくありがたい。
しかし「今日は気分じゃない」は、それとは別のもの。

今日はサバの気分じゃない‥‥。

作るのは許容範囲のもの

考えてみたら、「家に帰ったらご飯ができてる人」はいつもこうだ。
家に帰ってみたら予想もしなかったメニューが食卓に広げられている。
「今日は気分じゃない」と思っても、それを食べるしかない。

だが、それを毎回ガマンして食べているのかというと、どうもそうではないらしい。
「今日は気分じゃない」を一瞬で切り替えて、「いっただっきまーす!」にしているようだ。
実に懐が広い。

「家に帰ってからご飯を作らなきゃならい人」は、なんだかんだ言いながらも自分の好きなものを作っている。
よしんば純粋に家族の好みに合わせて作っているとしても、作っている過程でその心構えができている。
そのメニューを食べる瞬間へと、無意識に気持ちを上げていっている。

コロッケに向けて気分を上げていく。

 食べるすごさ

「家に帰ってからご飯を作らなきゃならい人」は、「家に帰ったらご飯ができてる人」に対してなんだかんだ言いがちだ。
世のSNSには、「家に帰ってからご飯を作らなきゃならい人」の不満やあきらめが無数に投稿されている。

だけども、帰宅・即「今日は気分じゃない」メニューを目の当たりにする。そして瞬時に気持ちを切り替えることができるというのは、「家に帰ってからご飯を作らなきゃならない」私なんぞにはとてもマネできないすごいことなんである。
(ただしコドモは、作ってもらった食事にごく気軽に文句言ったりするけどね)

メニューに窮する会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す