この広い世界で自分の好きなものを見つけ出す方法

シェアする

図鑑はいい。
特に、森羅万象が1冊にまとまっている図鑑がいい。

すべてが1冊にまとめられている図鑑のなにがいいのか。
それは、眺めているうちに自分の好みのジャンルを見つけられるから。

なんでもまる見え大図鑑

すべてが存在する、宇宙

森羅万象の詰まった図鑑はたいてい、宇宙から始まる。
ビッグバンから銀河、恒星、太陽。ブラックホールや宇宙の端っこなどの、想像が追いつかない部分。

当然ながら「宇宙人はいるのか?」という疑問もわくのだが、図鑑は、パイオニア探査機に託したメッセージに軽く触れるだけでこの問題を深堀りはしない。

身近に感じる太陽系

続いて図鑑は、われわれの生きる太陽系をクローズアップする。
太陽の強烈な威力を図解し、その恩恵を受ける地球の奇跡を讃え、ご近所関係にある金星と火星に期待を持たせる。

さらに外側の惑星では、地球との圧倒的な大きさの違いとその激烈な環境を謳い上げる。
木星で地球と同じくらいの大きさの嵐が300年以上吹き荒れ続けているなんて、誰が観察してたんだろうか。
このほど土星に墜落してその任務を終えた、探査機カッシーニのこともここに出てくる。

あぁもう、ゾワゾワしてたまんない。
これがロマンと言わずしてなにがロマンか。

後半のほう

さらに図鑑は続く。
今度は天文学。
地球から見える空の様子、星座、惑星探査機の図解。

ここらへんになると、ページをめくる速さが増す。
つまり興味が薄らいでいるということだ。

このあと図鑑は、地球の自然へと移っていく。
地学、生物学、人体。ところどころに強く興味を引くポイントがあるにはあるが、宇宙ほどではない。

物質やエネルギーなどの科学分野になると、さらに読み飛ばしが激しくなる。
テーマが歴史になるともう、学校で習った社会をどれくらい覚えているを試されているようで苦痛さえ感じる。

まとめ

いかがだろう。
こうして、この世のすべてを1冊にまとめ上げた図鑑を眺めると、自分がなにに惹かれるかがよくわかってくる。
こう見えて私、宇宙が好きなのだ。

コドモに図鑑を与えるという、昔から知られているオーソドックスな教育法があるが、それってこういうことなんだろうな。

宇宙に夢を馳せる会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す