会社の全社員を社長ということにしてみる

シェアする

例えば社内をひとつの市場だと考えてみる。

MGでいえば、ひとつの卓。
そこにいるメンバーのひとりひとりが社長。個人事業主ってことでもいいな。
(MG:マネジメントゲーム。参加者がひとり社長となってプレイする会社経営ゲーム。リアルで凝縮された経営・会計を体験しながら学べる。)

社内のメンバーはそれぞれ独立した事業主で協力関係にある。
お互いが価値の交換をする。
みんなが市場の活性化に尽力する。

自分と市場がよくなるのが目的なので、ライバルの潰し合いや足の引っ張り合いは起こらない。

仕事を誰かに頼みたいときがある。
だけどみんな忙しそう。今だれがどのくらいの業務を抱えているのか、わからないから頼めないなんてことがある。
また、上司が部下に仕事を押しつけるということもある。

社内をひとつの市場として考えてみると、誰かに頼むのは「外注」だ。
外注するとき、相手の具合も考えずに仕事を押しつけるなんてことがあるだろうか。
頼みたいことをまとめ、期日と対価を設定して打診するのが一般的なんじゃないだろうか。
だったら社内もそれでいこう。

仕事を受けるほうも、自分ができるサービスを表明し、営業すればいい。
スケジュールの空きやどのくらい引き受けられるのかを相手に知らせればいいよね。
なんの営業もしないで、たまたま入ってきた仕事をやってるだけの企業なんてありえないだろう。

ポイントは「市場の活性化を目的とする」と「価値の交換をする」というところ。

そういう感じでやる会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

写真集

よっしーinstagram https://www.instagram.com/yosshi_okka/

シェアする

コメントを残す