すぐに壊れる消火器の設置台をいつまでも大事に使う方法

事前の知識

消火器を置くための設置台というものがある。

設置台は、消火器をほこりやさびから守りつつ、その存在をアピールするためにある。
法的には赤地に白文字、80×240mmの標識さえあればOKなので、設置台はオプション的な存在だ。

だからメーカーさんが、その場に合わせたデザイナーズ設置台なんかをどしどし発売している。

【デザイナーズ設置台コレクション】
クールにカッコよく、なおかつオシャレに消火器を置いておきたい人のために

弱点ばかりの設置台

プラスチック製の設置台は経年劣化に弱い。
加えて赤は色褪せしやすい性質を持っている。
屋外・半屋外にあればなおさらだ。
こうして設置台はボロボロになっていく。

変色した「強く押す」ボタン

元は赤かった「強く押す」ボタン。

ぱっくりと半分に割れた標識をセロテープで補修した設置台。(そのセロテープもすでに黄色くパリパリになっていたりする)
標識を掲げる棒が真ん中で折れ、接がれることもなく痛々しい姿をさらしている設置台。

どうせオプション的なグッズなんだから、いっそ撤去してしまえばいいのにー。

秀逸な補強

かくのごとく、少々の‥‥いや、甚大な破損に至っても、後生大事に使用される設置台。
たまにはこんな秀逸な補強を施されて、大事に大事に使用されている例もある。

消火器設置台のアイディア

本来の設置台は、底部の色褪せた赤いやつ。
劣化した台の上でみずみずしい色を放っているのは、プラスチック製の赤いゴミ箱。
もちろん一般的に売られているゴミ箱。
あつらえたようにピッタリ。
そして消火器がスッポリ。

これなら劣化してもすぐに新しいものと交換できる。
安定感もバツグン。

頭は柔らかく使うものだよね。

アイディアをいただく会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/

Instagram

シェアする

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください