オール電化で安心している人は、電気火災のここをチェックしてみよう

シェアする

「ウチはIHだから火事にはならないのよ(はぁと)」
消防点検でお宅訪問すると、このようにノンキにのたまう奥さんに出くわすことがある。
ダンナさんに至っては、「火の気のないウチを点検する必要があるのかね、あぁーん?」とやや高飛車な態度。

そういう場合はたいてい「IHなんですねー」と軽くスルーしてやり過ごす。
しかしハラの中では「家中で電気使ってんじゃん」とツッコミを入れさせていただいている。

電気火災

ふだんの生活ではハダカ火を目にすることが少なくなった。
台所はIH、暖房はエアコン。仏壇は持ってないし、タバコも吸わない。たき火なんぞもってのほか。
ほとんどのものが電気に置き換わり、おかげで安全にエネルギーを利用することができる。

一方で、電気は安全という油断からの火災も発生している。
火を使っているという意識がないので、火災のリスクどころか発生した火災にも気づきにくいという危うさ。
人気のない場所でも電気だけはバンバン使ってること、あるもんね。

では電気火災とはどういう状況で発生するのだろうか?

チェックしてみよう

家の中をチェックしてみよう。
これらすべてがすぐに電気火災につながるわけではないが、心当たりがないとは言わせないぞ。

□ 冷蔵庫とかテレビとかPC周りとか、めったに抜き差ししないコンセント周りがほこりまみれ。
□ コンセントのところまで行くのが面倒なのでコード部分を引いて抜く。
□ コンパクトにしたいから長いコードは束ねて使う。
□ プラグとコンセントとの間にゆるみができている。
□ 魚を飼っている。

電気火災のリスク

【あわせて読みたい】
【梅雨の対策】あなたの家のコンセント、こんなことになっていませんか!?

魚?

チェックリストの最後のやつ、「魚を飼っている」。
これが意外な穴なのでご注意いただきたい。

ちなみに、わが家では金魚を飼っている。
この金魚がときどき水槽の中で跳ねる。
元気の現れなのかストレスなのか、とにかく金魚が跳ねるとと水が飛ぶ。

水槽にフタをして水はね対策をしているが、水槽のそばにはエアーポンプがありコンセントがある。
コンセントに水がかかれば出火する。

火とは縁のなさそうな魚・水槽だが、こうして火災の原因になるケースもあるという。

自分でなんとかしろ

あと、地震のあとに発生する火災はたいてい電気火災。
阪神・淡路大震災でも東日本大震災でも、発生した火災の6割以上が電気火災だったという。

地震のような大規模災害の場合は、火災感知器も消防署もたいしてあてにはならない。
ご自分でなんとかしていただくしかない。
要するに、ふだんから自分で注意しとかねばならぬということだ。

現場での「ウチはIHだから火事にはならないのよ(はぁと)」は適度にスルーする。
その場で説明するのが有効だとは思えないから。

その代わりこうしてブログでネタとして発信する。
私の持っている情報の公開。それが、より多くの人へ届くように。

啓蒙はブログでする会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋
株式会社イグジット
大分県大分市高松1丁目9-16-1F
tel 097-585-5690 mail info@exit-style.com
https://exit-style.com/
イグジットFacebook https://www.facebook.com/exit.dsk/

ブログの更新をSNSでお知らせ

よっしーFacebook https://www.facebook.com/yossiokka
よっしーTwitter https://twitter.com/ne_dsk

写真集

よっしーinstagram https://www.instagram.com/yosshi_okka/

シェアする

コメントを残す