よっしーが非常ボタンの交換用プレートで「強く押すメガネ」を作った理由

シェアする

大人気の強く押すメガネ

思いがけずロングランの「強く押すメガネ」。
非常ボタンの交換用プレートをレンズにした「強く押すメガネ」。
その人気ぶりは、作った本人もあきれるほどである。

それにしてもなんでまたこんなものを作ったのか?
今日は、私が「強く押すメガネ」を作った理由をご紹介する。

 モノクルから両メガネへ

実は私、夫の工具箱でこの交換プレートを見つけてから、密かにモノクルごっこをしていた。
モノクルって、小説の怪盗ルパンがトレードマークとして愛用していたような片メガネのこと。
丸くて平たいプレートが透明だったら、これはもうメガネのレンズ以外ないでしょう。

だけどこの交換プレートは、私の眼窩に収まるような大きさではない。
だからモノクルごっこも、頭の中だけの妄想ごっこだった。

ところがある日、ひらめいた。
モノクルがダメなら両メガネにしてみよう!

突然いいアイディアがひらめくときがあるよね。まるでボールタップのように。

問題はフレーム

視力検査のトライアルフレーム。最初はこんなイメージからスタート。

視力検査のトライアルフレーム。最初はこんなイメージからスタート。

試作品1号はダンボール製。

最終的に、これに落ち着く。

 自分にとってはいつものモノ

非常ボタンの、「強く押す」って書いてある交換用プレートはちょくちょく破損する。
外枠と押す部分がほんのちょこっと結合しているだけなので、うっかり落としたらその衝撃で外れるほど。
メガネを作るときも、落として1個ダメにしてしまった。

基本的にすぐ外れるように作ってあるモノなので、取り扱いは慎重に。

強く押すカバー

破損しやすいモノだから、消防屋は交換用プレートをたくさん持っている。
いわゆる「専門家にとってはなんてことないいつものものだけど一般的には珍品」というモノ。
そんな珍品を使った、オモシロいなにかがほしい!
そして、そのなにかでこの知名度の低い業界をオモシロがってもらえたらいいなー。
というのが「強く押すメガネ」を作った理由なのだ。

ゆるキャラがいる会社

イグジット,大分,よっしー,オモシロ消防訓練屋

大分市高松1丁目9-16安松ビル1階 097-585-5690

ブログの更新をSNSでお知らせ

Facebook https://www.facebook.com/yossiokka
Twitter https://twitter.com/ne_dsk

シェアする

コメントを残す